「生きる」を心理学的に考えてみる、人が成功を求める理由

「生きる」を心理学的に考えてみる、人が成功を求める理由
今回のテーマは、

「生きる」を心理学的に考えてみる、
人が成功を求める理由

について紹介します。

ちょっとだけ時間をとって
考えて欲しいのですが、

「生きる」

とはどういう事でしょうか?

あなたにとって「生きる」とは?

・・・

かなり深い問題なのですが、
このトピックを深く考えることと

これからあなたが大金を稼ぎだすために、
ビジネスで成功することは密接な関連があるので

これから「生きる」という事を
心理学的観点から一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク

生命にとって生きるとは?

ここで、

あらゆる生物には、目標に邁進する
メカニズムが内蔵しているのですが、

それは、カンタンに言ってしまうと、

「生きる」ことの達成を助ける為の
神の手で作られたシステムです。

例えば、昆虫や動物など
シンプルな生命体の場合なら、

生きるという目標は、

単に個体としての自分自身
また種としてのグループとして

その両方が「肉体的に」
生き延びると言う事ですね。

生存と生殖の本能です。

つまり、動物が一般的に、
内蔵するメカニズムと言うのは、

食料とねぐらを見つけ、

敵や危険を避けたり、うち負かしたり

種を存続させると言う機能だけ
にそのシステムは限定されています。

彼らにとって「生きる」とは
まさしく、できるだけ生き延びて子孫を残す事

人間にとって「生きる」とは?

じゃあもう少し高等な
生命体である「人間」の場合、

「生きる」というのは

単に生き延びるだけが目標ではないですね。

もちろん、生存と生殖の
本能は内包していますが、

人間には他の動物にはない、
感情的だったり、精神的な欲求があるのです。

つまり人間にとっては、
「生きる」と言う概念は

肉体的な生存と種の繁栄以外に
意味があるものです。

何かの問題を解決したり、
発明をしたり、
詩を書いたり、
科学の新しい分野を探求し
心の平安を手にしたり、
優れた人格を作り

そして、

友人を作ったり、
事業を営んだり、
商品を売ったり、

心理学的に見ても、

人間にとっては生きる為に
「感情的」「精神的」にも
満たされる必要があるのです。

私たちが成功を目指すのは本能

そして、私たちは

「もっとお金を儲けたい、」
「ビジネスで成功したい、」
「周りからちやほやされたい」

そういった欲求をもっています。

人が成功を求める理由は
こうした本能的な欲求なのです。

そして心理学、脳の機能から見て、
とても重要なポイントは、

このような成功へのメカニズムが
誰にも備わっている事です。

「え、?私は成功なんて望んでいません。
普通で今のままで十分です…」

という意見を持つ人がいるかもしれませんが、
まずはこの事実を受け入れることです。

私たち人間は誰しもが生まれ持って
成功することを望んでいるのです。

そしてその道に自動的に進もうとします。

例えば、渡り鳥は、
巣作りや飛行の方法を教わることがありません。

なのに、何千キロも大海原を超えて飛行します。

天気予報もない、新聞もテレビもない、
温暖な地へ向かう為の地図もないのに…

にもかかわらず、寒い冬が訪れる時期には
何千キロも離れた温暖な地域を知っていて
そこへ移動します。

他にも例えば、
天然の鮭は川で生まれますが、

海へと旅たち、北洋を回遊しながら
2~6年で成長し、

そして産卵のために生まれた川に帰ってきます。

どうしてわざわざ生まれた川に戻るのでしょう。

・・・

こういった行為を私たちが説明する時、

「本能」

と言う言葉を使いますね。

つまり、よくわからないが
動物の本能がそうさせるという事です。

私たちには「成功本能」がある

そして、その本能を分析して行くと
動物と言うのは、環境にうまく適応する
仕組みがあることが良く分かります。

言い方を変えたら、

動物には「成功本能」が
備わっていると言う事です。

人が成功を求める理由も同じです。

しかし、大きな問題があります。

それは、、

動物は自ら目標は選択できません。

目標は自己保存と繁殖のみで
あらかじめ設定されています。

渡り鳥は暖かいからと言う理由で
ハワイを目指すことはできません。

鮭は生れついた川でなく、
食料が豊富な別の川を目指せないのです。

動物の成功メカニズムは
こう言った具合に制限され、

それを私たちは本能と呼ぶのです。

じゃあ人間はどうなのか?…

ここが一番重要なポイントですよね。

そうです。

私たちは選択する能力があります。

人間は動物よりはるかに優れた、
複雑な成功本能を持っています。

それを心理学的には

「創造的イマジネーション」

と呼びます。

このイマジネーションを使って、
人間はさまざまな目標を生み出せるのです。

人間だけがこのイマジネーションを使って
自らの成功メカニズムを方向付けれるのです。

「大富豪」を目指すのも良いですし、
「愛のある家族」を目指すのもOKです。

つまり、心理学的に言って
「生きる」というのは「成功する」
と同義語なのです。

そして人間にのみ与えられた

「イマジネーションという能力」

この言葉の重要さを身にしみて理解するとともに
次回からの話をしっかり聞いて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。