危険な農薬などを避け『ネギ』を安全に健康な食べ方、選び方

危険な農薬などを避け『ネギ』を安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な農薬などを避け『ネギ』
を安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

料理の主役としてではなく、
他の素材を引き立てる名脇役としても
大人気の野菜がネギです。

しかしそんな大人気のネギも
危険な農薬や有害物質入りでは勿体無い事、

しっかりと対策して、
安全に健康に食べるようしましょう。

以前は関東では根深ネギが、
関西では葉ネギ(青ネギ)が主流でしたが、

最近では全国どこでも
両方を入手できるようになりました。

ここでは一般的に「長ネギ」と呼ばれる
根深ネギを中心に解説します。

スポンサーリンク

ネギに含まれる危険な農薬や有害物質

ネギはかなりの病虫害の
影響を受ける作物です。

ネギアザミウマ、アザミウマ
などの病害虫や黒班病を防ぐ
有機リン系殺虫剤、

ジツオカーバメート系殺菌剤が
多種類使用されています。

これらの農薬の中には、
染色体異常や奇形を引き起こしたり、

発がん性のあるものが
含まれているという報告もあります。

カウンター形式の料理屋さんで

カウンターの中をのぞいてみると、
時々ネギの外側をむかないで、

そのまま小口切りにしている事を
見かけることがあります。

もちろん洗ってはあると思いますが、

農薬やダイオキシンなど
有害物質の危険性を考えると

少し困りものですね。

ネギを安全に食べる方法

家庭で使う際も
あまり太くないネギだと

外側に皮をむくのがもったいないと、、

ついそのままと言う事もあると思います。

でも、ここが肝心な所です。

安全な食事と言う事を考えれば、
躊躇してはいけません。

ネギの外側の皮は、
むいて捨ててしまいましょう。

皮をむくことで、表皮だけでなく

農薬やダイオキシンなど有害物質が
残留しやすい、

表皮の下のクチクラ層も
取り除くことができるのです。

もともと、ねぎは食べる部分に
土をかぶせて育てるために

農薬など有害物質が
直接かかる事はあまりありません。

だから、皮をむけばまず安全です。

ネギの安全な選び方

安全なネギの選び事は、

「白と緑の境目がくっきりしている事」

「先端まで緑色がみずみずしい事」

です。

育った条件がよい証拠で、
農薬もあまり使っていないはずです。

なお、小口切り、千切りにしたネギは、
一度水にさらすとさらに安全です。

有害物資が残っていても、
これで取り除くことができます。

緑の部分に茶色の斑点が
あるものは避けましょう。

白い部分は重さがあり、
指で押すと固さがあり、

ふかふかしていないものを選びましょう。

ネギの健康への作用

ネギの白い部分にはビタミンCが、

緑の葉の部分には、
カロテンやカリウム、
カルシウムが豊富です。

ネギ特有の刺激臭のもとになっている
あり新という成分は身体に溜まった
老廃物を排泄して疲労回復に役立ちます。

また解熱や消炎効果もあり、
風邪予防にも効果的な薬効の高い野菜です。

薬味としてネギを使う場合は、
小口切りや千切りにして、

ざるに入れると農薬を溶けだせますが、
あまり長くさらし過ぎると、

水溶性ビタミンが溶けだすので
注意が必要です。

ネギの安全な保存方法

泥つきのネギは
土の中に埋めて保存できますが、

土がなければ新聞紙に包み
風通しの良い場所に置きます。

あるいは、
長いものは新聞紙に包んで
立てた状態で冷蔵庫に入れて保存します。

カットしたものは
ラップなどに一回分ずつ包んで
冷凍保存もできます。

ただし1カ月以内にはすべて
使いきるようにしましょう。

ネギを安全に健康に食べる料理法

ネギ豚焼き

ネギの香りのもとになる
成分でアリシンには、

食欲を増進させるとともに
ビタミンB1の吸収効率を上げる
働きがあります。

そこでビタミンB1を豊富に含んだ
豚肉と一緒にネギを摂取するのが
栄養効率の上でもおススメです。

豚肉と一緒に大量のネギを巻いて
串焼きにするなどすれば、

ネギと豚肉の相乗効果で
ビタミンB1の吸収効率がぐんと上がり、

よりいっそうの疲労回復が望めます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。