unnamed

牛乳のホモジナイズ、腐らないようする製法工程は健康に危険


今回のテーマは、

牛乳のホモジナイズ、腐らない
ようする製法工程は健康に危険

について紹介します。

あなたは「ホモジナイズ」という
耳慣れない言葉をご存知でしょうか?

これは牛乳の製法工程の手法の事ですが、

これは健康にとって危険と言われています。

健康的で、子供の成長のためによい
と喧伝されている牛乳…

しかし自然療法界の指導者たちは
口を揃えて牛乳の健康被害を口にします。

これも牛乳業界のお金の動きをみると
よくわかるのですが、

牛乳と健康について
今回は詳しく見ていく事にしましょう。

ホモジナイズという処理の仕方

今やスーパーなどで毎日
店頭で売られている牛乳ですが、

以前は牛乳は日本でも世界でも
基本的に牛乳配達屋さんが配達すると言うスタイルでした。

しかしこのスタイルにはデメリットがありました。

大量販売が出来ないと言う事です。

「牛乳配達よりも、店頭で売る方が
もっとお金を儲けることができる!!」

そう考えた乳製品業界は

「ホモジナイズ」と言う工程を
考えつき発明しました。

ホモジナイズと言うのは

homoginize(均一化)

と言う意味の英単語なのですが、

昔の牛乳と言うのは、

クリームが牛乳と分離するからよく振ってから
飲む習慣があった事をあなたはご存知でしょうか?

銭湯の風呂上がりに、牛乳ビンを
良く振ってから腰に手を当てて飲み干す

・・というようなイメージは
典型的なイメージだと思うのですが、

「ホモジナイズ」と言う工程は簡単にいえば、

この分離が起こらないように、
高速回転によって牛乳の分子を破壊する
と言う工程の事です。

思いっきり振って、牛乳の分子レベルで
成分を壊す手法の事です。

便利になったが、、健康に被害が

こうして分子レベルでまで破壊が起きた結果、

牛乳と言うのは、2,3日では腐らないで
2、3週間ほど保存可能になりました。

その結果、輸送や店頭販売が可能になり
牛乳配達人と言うのは用済みになったのです。

腐らずに長期間保つようになった…

一見ハッピーでポジティブな現象のように聞こえますが、

このような工程を経た牛乳や乳製品と言うのは、
もはや自然の食品の形ではなくなってしまっているのです。

腐らないようする製法工程は
身体にとっては不自然です。

そして様々な形で健康にとって危険な
状況が引き起こるようになります。

自然界にない不自然なものが
体内に入れば、

体内にも不自然な作用をします。

それが急激に症状に現れない所が
人体の免疫システムの素晴らしい所ですが、

不自然な作用が長期間続く事で
身体に少しずつダメージが蓄積されるのです。

牛乳はアレルギーの原因となる

例えば、
こうして分子が破壊されて小さくなった牛乳は
脂肪まで細かく分解され混合されているので、

血液にダイレクトに脂肪が入り太りやすくなります。

また小さくなった分子と言うのは、
動脈壁を傷つけることがよくあります。

これがアレルギーのもとになったり、
免疫力を下げる原因になったりします。

また、動脈に傷がつくと、
LDLコレステロールと呼ばれる
悪玉コレステロールがその傷に付着するようになり、

心臓病につながる動脈硬化の大きな原因になります。

さらに、小さくなった分子は
消化システムをさらに詰まらせて消化を困難にさせます。

結果、腸が汚れて行きますます毒素が溜まるのです。

もともと牛乳を飲むとお腹を
壊す人が多いくらい

消化吸収が困難と言われている
牛乳がさらに加工される事によって、
消化器官にダメージを与えます。

私の知人に中には
牛乳をいっさいとらなくなったおかげで

アレルギーがなくなったり、
花粉症がなくなった人もいます。

牛乳のホモジナイズ、
腐らないようする製法工程は
健康にとって危険なのです。

なんちゃっての偽物牛乳

結果的にホモジナイズという過程で
現代社会に流通する牛乳は、

自然本来の牛乳ではなく、
偽物のナンチャッテ牛乳になり変わっているのです。

牛乳だけでなく、今現代社会に
流通する加工技術のほとんどは、

健康に被害がある手法と言われています。

個人的には真の健康体を
手に入れたいと願う場合、

牛乳は避ける事をアドバイスしています。

どうしても味が好きな場合は、
牧場直送のフレッシュで
手を加えていない牛乳を飲みましょう。

ともかく腐らないようする製法工程で
作られたホモジナイズ牛乳は
健康にとって危険と言えます。


ホモジナイズ

耳慣れない言葉かもしれませんが、
良く覚えておくべき言葉です。

この技術の開発は、
乳製品業界にとっては素晴らしい事ですが、
私たちの健康にとってはグッドニュースとは言えないのです。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。