自己催眠の効果と方法:自己暗示によるリラクゼーション技法

自己催眠の効果と方法:自己暗示によるリラクゼーション技法
今回のテーマは、

自己催眠の効果と方法:自己暗示
によるリラクゼーション技法

について紹介します。

自己催眠というのは
文字通り、自己暗示によって
自分自身を催眠状態に誘導します。

自己催眠は難しいものではありません。

例えば、
自分の部屋で音楽に没頭していると、
電話のベルが鳴ってふと我に返った

…というような体験もあると思います。

この「ふと我に返る」という感じが
起こった時には、

軽いトランス状態に
入っていたと考えられます。

また夜間の空いた高速道路で
車線を見ながら車を運転しているうちに
時間の感覚を忘れてしまい、

時計を見たら1時間以上経過していた、、

という経験をした人もいると思います。

これは車線という単調な
視覚刺激が軽い催眠状態を
引き起こしたのです。

このように、人は催眠に近い
意識状態を日常的に経験しているのです。

スポンサーリンク

●自己暗示文を読み上げる

自己催眠のコツは

「深いトランス状態に入ったのか」

という事を自己チェックしない事です。

ある程度意識がぼんやりしてきたら

「自分は今、トランス状態に入ったのだ」

と自己暗示をかけた方が
上達は早いと言われます。

自己暗示には様々な方法がありますが、

もっとも簡単なのは、
部屋の照明を文字が読める程度の
明るさに落とし、

事前に紙に書いておいた自己暗示の
言葉をゆっくり読み上げると言うものです。

文章の内容は
リラクゼーションへの誘導から始まり、

「こうなりたい」という
理想の自分を記述します。

様々な催眠関係の書籍に
催眠誘導の方法が書いてあるので、

自分に合うようにアレンジして
活用するのも良いでしょう。

読む時にはリラクゼーション音楽を
小さな音量で流すなどして

全身をリラックスさせます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。