危険な農薬などを避け『かぶ』を安全に健康な食べ方、選び方

危険な農薬などを避け『かぶ』を安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な農薬などを避け『かぶ』
を安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

かぶの原産地については
アフガニスタン説と地中海沿岸説があり

日本でも全国で栽培されています。

地方によって、サイズや色の違う
その土地ならではの品種がたくさんあります。

そんなかぶも危険な農薬や有害物質入りでない、
安全で健康なものを食べたいですね。

「すずな」という異名で「春の七草」の
一つに数えられているかぶですが、

日本ではダイコンよりも古くから
栽培されていて、

弥生時代には日本人の食卓に
すでに上っていたとも言われています。

スポンサーリンク

かぶに含まれる危険な農薬、有害物質

温暖地で栽培されている
かぶの品種は、

気温が高くなると
病害虫を受けやすくなるので
それを防ぐために農薬が使われます。

一方で耐寒性の強い品種のかぶは
育ちが早く、しかも地下で育つため

危険な有害物質や農薬の心配は
ほとんどありません。

ただ、硝酸塩はやや多めです。

硝酸塩から変化した
亜硝酸塩は、

特に魚介類に多く含まれる
ジアミン類と一緒になると

発がん性物質になる恐れがあります。

また根コブ病を防ぐ薬剤も
わずかであるが使用されている例もあり、

農薬残留検出も多く、
染色体異常を引き起こす危険性の
高い農薬検出も報告されています。

なので下ごしらえには注意が必要です。

かぶの安全な選び方

安全なかぶの選び方は、

ひげ根に注目です。

一本ピンと伸びているものは優秀です。

ハリがあってツヤツヤし、
葉はみずみずしい緑色をしている、

これは、通気性、透水性のよい
土地で育っている証拠です。

農薬も使っておらず、味も良いです。

逆に、小ひげが多くて根が
まっすぐ伸びていないものや

かぶに割れ目があるものは
危険があります。

栄養不足の土地で育ったため、
農薬の量も多くなり、

たっぷりの化学肥料で
硝酸塩など危険な有害物質も
増えています。

茎の根元が黒くなっているものや
茶色の傷があるものも避けましょう。

旬は10,11月と4,5月の二回です。

かぶを安全に食べる方法

使う時は、水を流しながら
30秒ほど手でこすり洗い、

これで土壌のダイオキシンの
危険も減らせます。

次に皮をむきます。

表皮の下のクチクラ層に
危険な有害物質が残っていたとしても

これで取り除くことができます。

みそ汁や煮物に使う時は
面倒くさがらずに、

食べやすく切ったものを
自らサッと茹で下ごしらえをします。

農薬や硝酸塩など
危険な有害物質の心配は
さらに解消できます。

また甘酢漬けも安全な料理法です。

皮をむいたかぶを薄切りにしたり
縦横に細かく包丁を入れる
「菊花かぶ」にして、塩を振ります。

しんなりしたら、サッと水洗いし、
水けを絞ります。

不安な物質はこの段階でかなり減ります。

甘酢を作ったら、まずはその半量で下漬け
10分くらいつけて取り出します。

これで万全です。

農薬、硝酸塩の危険は
ほとんどなくなります。

残りの甘酢に輪切りのトウガラシを入れ、
半日くらいたったら出来上がりです。

かぶの葉を料理に使う場合は、
ダイコンの葉と同じくゆでてから使う事です。

かぶの健康への作用

ちなみに、かぶには硫黄化合物の
メチルメルカプタンなど
癌予防の物質が含まれています。

またかぶの葉は根よりも栄養価が高く、

かぶの葉にはβカロテン、ビタミンC、
カルシウム、カリウム、鉄分、亜鉛、銅

などが豊富に含まれています。

さらに食物繊維と、
毒消し効果の強い栄養素がたっぷりです。

葉っぱは切り捨ててしまう人も
多いと思うのですが、

捨てずに美味しく食べましょう。

葉の部分は油炒めにすることで、
色合いも鮮やかになり、

ビタミン類を効率的に吸収することができます。

是非挑戦して見て下さい。

かぶの安全な保存方法

かぶの根の部分は、
新聞紙に包んだ上で、

ビニール袋に入れて、
冷蔵庫の野菜室で保存します。

葉の部分は根と切り離し、
一度茹でてから冷蔵か冷凍を
するようにします。

ただし、葉は水分を失いやすいので
注意が必要です。

かぶには非常にたくさんの種類があり、

その分類はまず色として
赤カブと白カブに大べつされます。

また大きさによって、
大かぶ、中かぶ、小かぶ、

というグループに分かれています。

日本には各地に気候や風土によって
様々な種類のかぶが存在していて、

その数はおおよそ80種類と言われていますが、
基本的に保存法は同じです。

かぶを安全に健康に食べる料理法

ポトフ

かぶはダイコンと同様に、
肉の脂などを良く吸う事の出来る野菜です。

西洋風のおでんとも言えるポトフは、
ベーコンや牛肉などのうまみを吸って、
主役級の扱いを受けます。

またかもや羊とも相性が抜群なので
スープ煮やホワイトソース煮にも
うまくマッチするでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。