unnamed

食の安全性と問題点、農作物の有害物質の恐ろしい健康被害…


今回のテーマは、

食の安全性と問題点、農作物の
有害物質の恐ろしい健康被害…

について紹介します。

現代社会においては、
処方薬など化学物質の被害だけでなく

通常の農作物に含まれる
有害物質の健康被害も問題になっています。

前回も紹介したように、

私たちは食べ物を自然界にあるべきものを
あるがまま食べる事が困難なチャレンジになっています。

2008年に日本でも公開された
『未来の食卓』という映画があります。

学校給食と高齢者用宅配給食を
すべてオーガニックにすると言う
南フランスの小さな村の試みを

1年に渡って追い続けてドキュメンタリーです。

農業大国であるフランスでは、

この映画がきっかけに
有害物質の健康被害に気づき、

各地でオーガニックブームが沸き起こりました。

食品が抱える有害物質の
恐ろしい健康被害について
今回は紹介しましょう。

現代農業が抱えるデメリットとして
化学肥料と胃酸の問題があります。

リンゴを食べると病気になる?

私たちは健康的な農作物を食べられるのか…

例えば、リンゴはどうでしょう?

スーパーに並ぶリンゴは、

病気に強い品種を作るために
野菜や果物に遺伝子組み換えが行われています。

これも、もちろんビジネスのためです。

食品業界も、医療業界と
なんら変わらないことを理解するべきです。

すべては金のためなのです。

食品製造会社も農業も
ビジネスをやっているのです。

つまり儲けるためにやっています。

と言う事は、
うまく儲けるためにはコストをより抑えて、
たくさんの商品を売らなくてはいけません。

だからこんな風に考える農家が
いてもおかしくはありません。

「うちの畑のリンゴやニンジンの
収穫量を最大化するにはどうすればいいか?」

…と、

食の安全性と問題点は
私たちの最も身近にある
健康のリスクなのです。

農業ビジネスの裏側

そして現代社会が出した答えはこうです。

「母なる大地をいじり倒しましょう!

自然の野菜や果物は、研究室内で作られた
得体の知れないものと取り換えて、

作物が自然の摂理に反して大きく、美しく、より短期間に、
しかも病気になならないよう育てるのです!」

…と言う具合にです。

そして遺伝子組み換え技術は進み、
リンゴやニンジンはもはや自然の作物ではなく
人工化学作物になり果ててしまっています。

さらに問題はこれでは終わりません。

1ヘクタールの田畑あたりから取れる
作物を最大限に多くするために、

化学肥料が使われ、
化学農薬や除草剤が散布されます。

現代アメリカや日本において、

ほぼすべての農作物は、

毒性の高い農薬、除草剤、抗生物質、
成長ホルモン、化学食品添加物
…などが使われています。

そして農作物の有害物質の恐ろしい
健康被害が巻き起こってしまいます。

化学肥料の健康被害

例えば、

一般的な化学肥料には
窒素が過剰に含まれています。

窒素は植物の成長に
不可欠であるものの、

化学肥料で栽培された
野菜や果物はオーガニックなものに比べ、

窒素の余剰分(硝酸)を抱えます。

胃酸の分泌が十分でない状態で
これらの野菜や果物を食べたとしたら、

硝酸が胃の中で亜硝酸という
物質に変化しやすくなります。

亜硝酸が血液中に取り込まれると、
赤血球のヘモグロビンと結合し、

酸素を運搬できなくなるので
最悪の場合は呼吸困難に陥ります。

また亜硝酸が胃の中で
動物性タンパク質と出会うと、

ニトロソアミンという
強力な発がん性物質がつくられるのです・

…さらに困ったことに、

ニトロソアミンは
ビタミンCを十分に摂取していれば、

体内で発生にくいのですが、
ここでも化学肥料が問題を招きます。

化学肥料を大量に用いて
栽培された野菜や果物には、

ほぼビタミンCが含まれていないのです。

健康に良かれと思って
野菜や果物中心の食生活を続けても、

オーガニックでなければ
むしろ健康を害しかねないのです。

ニュースで報道されない
食の安全性と問題点は多くあります。

農作物の有害物質

つまり農作物には

他にも有害化学物質がたっぷりと
含まれていると言う事です。

そんな有毒化学物質をたっぷり含んだ
作物の栄養価と言うのは、

50~60年前に比べて遥かに低くなっています。

いま私たちが祖父母の時代の同じだけの
栄養価を食品から取ろうと思ったならば、

私たちは5倍以上の量の食事を
しなければいけないと言われています。。

なので少しでも栄養価の高い
農作物を食べる努力をするためには、

私は、厳選された農家から仕入れた有機栽培の
作物を出来るだけ食べることをお勧めしています。

それでもまだ足りないかもしれません。

それほど巷に流通する作物の
栄養価は低下しているのです。

これは農作物だけでなく、
生肉業界でも同じです。

精肉業者も、
たくさんの商品を安く早く作って
出来るだけ多くの利益が上がるよう
ビジネスを展開しようともくろみます。

だから、精肉業界では
成長ホルモンを投与して動物の成長を早めたり、

(その結果、歴史上例を見ないほど子供の肥満が増えたり、
女子の思春期の訪れが早くなったりしています…)

大量の抗生物質を投与して、
不衛生で残酷な環境で育てます。

とにかく経済効率を優先した環境で
動物を病気にさせないようにしているのです。

こうした現代社会の効率性を
追求した食の安全性と問題点は、
想像以上に恐ろしいものです。

また科学的肥料や、化学薬品を与え、
体のバランスを崩した不健康そのものの
食肉などが流通し、

そのアンバランスから引き起こる病気は
その家畜を食品として食べる
私たち人間にも当然伝達されるのです。

化学物質など有害物質の健康被害は
直接的だけでなく、間接的にも起きているのです。

ではどうすればいいか?…

その方法もこのサイトでは紹介していきますが、
まずは真実を知る努力をして行きましょう。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。