毒素が多すぎる環境で免疫力が弱まる、デトックスのメリット


今回のテーマは、

毒素が多すぎる環境で免疫力が
弱まる、デトックスのメリット

について紹介します。

前回から毒素が多すぎると言うのが、
免疫力を弱めて病気を引き起こす要因である

と言う話をしたのですが、

この状態を解決する為に
現代人が健康を守るためには、

体内毒素を体外へ排出する
デトックスと言う行為は必須のことと感じます。

免疫力と言うのは
私たちの健康を守る大切なもの、

極端にシンプルに解説すれば、

自然療法と言うのは免疫力を高めるための
アプローチとも言えます。

そんな中で自然療法家の中では

デトックスと言うのが
有効なテクニックと言う事です。

なのでこれから自然療法で
健康を目指すあなたに、

多くのメリットがあるデトックスを
することをオススメします。

スポンサーリンク

毒素と免疫の恐ろしい関係

外敵から身体を守ったり、
内部の不調を改善したり、

健康と免疫力は切っても切れないものなのですが、

毒素と言うものが、
そんな大切な免疫機能を破壊するのです。

今回からまずそんな、
体内に毒素が多すぎると言う状態に
ついて次の点から考えてみましょう。

1.体に入るもの

2.体から出るもの

3.運動

4.休息

5.思考

6.話す内容

この6つの項目は、
毒素と直接関係していると私は考えています。

体中の毒素を順番に
デトックスしていく事で、

心身に多くの良い影響、
メリットがもたらされるでしょう。

次回から詳しくこれらの
それぞれ解説していきましょう。

PHバランスと毒素の関係

ここで、興味深い事実なのですが、

体内に毒素が多いほど、
身体のPHバランスは酸性になります。

そして酸性の体は病気になりやすく、
アルカリ性ならば病気なりにくいので、

体はアルカリ性に保つべきです。

毒素とPHバランスは
大きくかかわり合っていますので、

毒素を遠ざける、毒素と関わりのない人生を歩むほど、
病気とは無縁の健康な人生を送ることが出来ます。

身体のバランスが酸性に傾くと
不調や病気のリスクが増え、

アルカリ性に傾くと
健康で免疫力が高まると言うのは、

医学界があまり世間に知ってほしくない、
自然療法界の知恵のひとつなのですが

毒素がそこに大きく関わります。

この概念は極めて大切なことなので、

毒素が多すぎる点について、
一つずつ考えていきましょう。

食事から入ってくる毒素について

まず1つめが、
身体に入るものについてです。

私たちは日々、様々なものを

口、鼻、目、耳、皮膚

…から体に取り込んでいます。

つまり毒素の経路です。

まずは口に入れるものから見ていきましょう。

私の友人で、90歳にもかかわらず
元気いっぱいで健康でたくましい方がいます。

病気とは無縁のダイナミックで健康な人物がいます。

彼が言った至極の名言があります。

それが、、

「人の作ったものは食うな!」

です。

健康になりたければ、
結局はこれに尽きるのです。

口に入れるものは、可能な限り、
自然界にあるがままの状態であるべきなのです。

じゃあ、私たちは自然界にあるべきものを
あるがまま食べることが出来るか?

そんなのカンタンと思うかもしれませんが、

それは実はかなり現代人にとって
困難なチャレンジなのです。

デトックスと言うのは現代人にとって、
自然のままではうまく行かない、

意図してやらなければ行けないものなのです。

毒素が多すぎる環境で
免疫力が弱まる事で、

現代人は不健康になってしまいます。

そこでデトックスのメリットは
計り知れないものがあります。

次回からそういった食べ物と
毒素とデトックスの関係について
紹介していきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。