危険な添加物を避け『ワイン』を安全に健康な飲み方、選び方

危険な添加物を避け『ワイン』を安全に健康な飲み方、選び方
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『ワイン』を
安全に健康な飲み方、選び方

について紹介します。

安全にワインを摂るために
チェックする危険な添加物は

原材料名の表示に
「保存料(ソルビン酸K)」が
入っていないかどうかを調べます。

近頃は、この危険な添加物を
使っていないワインが増えてきたので
こちらを選ぶ事です。

他に気になる添加物と言えば、
酸化防止剤の「亜流酸塩」

どのワインにも必ずと言っていいほど
添加されています。

しかし亜流酸塩は1000年以上
使われてきた歴史があります。

スポンサーリンク

経験科学と言っても、
そこそこ安全と考えていいでしょう。

最近では、「酸化防止剤無添加」の
国産ワインもスーパーで売られるようになりました。

ただし、このタイプは
当然ながら長期保存には向きません。

さて赤ワインには、活性酸素の害
(発がん性、老化の促進)を防ぐ

「ポリフェノール成分」が含まれていると
言う事もあって、

年代を問わずブームです。

でも「どうも赤ワインの味になじめない」

という人は、ポリフェノールの含有量は
少なくなりますが、

飲みやすいロゼをおススメします。

ただしワインも飲み過ぎには注意です。

飲み過ぎると結局はアルコールによって
肝臓で活性酸素がぐんと増えてしまいます。

これではかえって健康にとってマイナスです。

適度な量を楽しみましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。