危険な添加物を避け『日本酒』を安全に健康な飲み方、選び方

危険な添加物を避け『日本酒』を安全に健康な飲み方、選び方
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『日本酒』を
安全に健康な飲み方、選び方

について紹介します。

日本酒は基本的に
危険な添加物は使われておらず安全です。

ところがここへきて、
一つの危険性が持ち上がりました。

それは醸造用アルコールです。

醸造用アルコールを作る糖液の原料に
コーンやジャガイモが関係している場合、

遺伝子組み換え作物を
使っている危険があると言う話です。

そうした危険がないもの、
醸造用アルコールを使わない日本酒、

これが純米酒です。

スポンサーリンク

お酒を飲むならば純米酒の方が安全です。

純米酒も色々種類はありますが、
選ぶのは好みで良いでしょう。

なお「生酒」は、酒ができてから
瓶詰めまで、一切加熱処理をしないお酒の事です。

「原酒」は、水を加えてアルコール分を
調整していないもの。

「生一本」は、単一工場のみで
作られた純米酒を指します。

お酒を安全に飲む注意点としては、

要するに飲み過ぎない事です。

お酒を飲みすぎると
肝臓での活性酸素の発生をうながします。

ちなみに活性酸素は発がん性があり、
老化の原因物質だと言われています。

くれぐれも用心して
お酒を楽しみましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。