危険な添加物を避け『炭酸飲料水』を安全に健康な飲み方、選び方

危険な添加物を避け『炭酸飲料水』を安全に健康な飲み方、選び方
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『炭酸飲料水』
を安全に健康な飲み方、選び方

について紹介します。

以前はよく炭酸飲料水に
危険な添加物として

保存料の「リン酸塩」が
入っていましたが、

今ではほとんど使われていません。

炭酸飲料水には危険な
添加物はあまり使われていませんが、

カロリーゼロタイプのものは
遺伝毒性の危険がある保存料の
「安息香酸ナトリウム」や、

やはり危険があると言われる
甘味料「アスパルテーム」を
使っているものを見かけます。

スポンサーリンク

また炭酸飲料水には「カフェイン」が
使われているのも心配ですね。

同じ炭酸飲料水でも
危険な添加物やカフェインが入っていないものも
売られています。

選ぶならこちらのタイプを選びましょう。

最も健康的な炭酸飲料は、

生の果物を絞りペリエで割ったもの。

自家製炭酸飲料水をおススメします。

また炭酸飲料水の中でも、
コーラはカフェインを使用することが多いので、

小さな子供に飲ませる事はやめましょう。

アメリカでは、妊娠している女性は
なるべくカフェインを控えるように勧告しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。