危険な添加物を避け『果汁飲料、ジュース』を安全に健康な選び方

危険な添加物を避け『果汁飲料、ジュース』を安全に健康な選び方
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『果汁飲料、
ジュース』を安全に健康な選び方

について紹介します。

現在売られている
果汁飲料水(ジュース)には

果汁100%の「天然果汁」

果汁50%以上の「果実飲料」

果汁50%未満の「果汁入り清涼飲料水」

という三種類があります。

これらの糖分をテストして見ると

天然果汁は11%前後、
果汁入り清涼飲料水は13%前後あります。

糖分はこちらの方が少し多めですね。

スポンサーリンク

また、濃縮果汁還元のジュースも
天然果汁と表示されています。

栄養価や安全度には差はなく、
輸送が便利という所にメリットがありますが、

ただし、正確には100%果汁ではなく
5~6倍に濃縮した果汁を水で薄めて
戻したものです。

天然果汁と評しするのははなはだ美紋です。

さらに、天然果汁ならまるっきり安全か
と言えばそうとも言い切れません。

ジュースから農薬が検出された
というニュースも出ています。

ミカンであれ、ブドウであれ、リンゴであれ

ジュースの果汁をしぼる時
たいていは皮ごと絞ります。

ということは、

輸入果物を絞ったジュースには、
ポストハーベスト農薬が残っている
可能性があります。

ミカンジュースを選ぶなら
表示の果実名が「みかん」だけ
のものを選びましょう。

輸入バレンシアオレンジなどとの
混合のものより安全度が高いです。

リンゴジュースなど他のジュースも
国内産のものを選びましょう。

さて、ジュースの飲み過ぎは
太ってしまう原因にもなります。

程ほどに飲むのが安全ですね。

買う時は容量の小さいものを
選びましょう。

もちろん健康面を考えた時
自分で果物を絞った
生ジュースが良い事は言うまでもありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。