危険な添加物を避け『缶コーヒー』を安全に健康な選び方、飲み方

危険な添加物を避け『缶コーヒー』を安全に健康な選び方、飲み方
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『缶コーヒー』
を安全に健康な選び方、飲み方

について紹介します。

缶コーヒーには、
危険な添加物として

原材料に色々な新甘味料や、

(エリスリトール、マルチトール、オリゴ糖)

甘味料のステビアなどが
使われているので
気をつけたいですね。

また表示を良く見てみると

「砂糖、牛乳、コーヒー」

と並んでいるものもあれば、

「コーヒー、砂糖、牛乳」

と並んでいるものもあります。

この違いに注目しましょう。

スポンサーリンク

原材料名というのは、
成分が一番多く含まれている
順番に並んでいます。

つまり、コーヒー風味の砂糖水ではなく
ちゃんとしたコーヒーを飲みたいのであれば、

原材料名のトップには「コーヒー」と
しっかり書いてあるものを選ぶべきです。

なお安全面の点からも味の点からも

危険な添加物が全く使われていない
缶コーヒーを選びましょう。

さて、缶コーヒーでない
お湯で入れるタイプのコーヒーですが、

豆を焙煎すると残留農薬は
分解されてなくなるので
危険はありません。

ここで気をつけたいのがカフェインです。

コーヒーに含まれる
カフェインは中枢神経を興奮
させる作用があります。

なので一日たくさん飲みすぎる人は
控えた方が良いでしょう。

また胃の粘膜を守るために
お腹がすいているときに飲まないことや
豆乳などを入れるなどの心がけをすると

健康的にコーヒーも楽しめます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。