スキーマ・セラピー:考え方の癖、物事の見方を変える認知心理

スキーマ・セラピー:考え方の癖、物事の見方を変える認知心理
今回のテーマは、

スキーマ・セラピー:考え方の癖、
物事の見方を変える認知心理

について紹介します。

スキーマセラピーは、
認知のゆがみを治す心理セラピーです。

スキーマというのは「考え方の癖」の事で、
図式とも呼ばれます。

不適応的なスキーマを
改善することで、

心の問題の解決を図ります。

基本的に現在の問題にのみ
焦点を当て幼児体験などは

あまり掘り下げないという主義の
認知療法のの中においては、

精神分析派とも言えるような存在です。

スポンサーリンク

不適応なスキーマの中には
発見早期に由来する

より根元的なものがあるとされます。

これを「早期不適応図式」と呼び、
スキーマ・セラピーはこれを変えることを
目的としています。

●根本的な物事の見たかを変える

スキーマ・セラピーの手順としては、

まずクライアントと話し合う中で、
その人の認知に影響している
スキーマとしてどのようなものがあるかを検討し、

認知をゆがめている
スキーマを明らかにします。

この際、主要なスキーマの
起源を求めて幼児期の体験を探索し、

掃除気に形成された根本的な
物事の見方の枠組みが今現在の問題に
どのような影響しているかという事が検討されます。

そのうえで、セラピストは
問題あるスキーマを修正するメリットを
説得するのですが、

ここからがスキーマセラピーの
ユニークな所です。

スキーマ・セラピーには
イメージ療法もとりいれられています。

クライアントが幼児期の自分に戻り、
スキーマを形成するにあたって
大きな影響を与えた過去の人物と接触し、

対話を行うと言ったイメージワークが行われます。

またスキーマを

「子供」「不適切的な対処」
「機能不全の親」「健全な大人」

の4種類のモードに分類し
クライアントにイメージの中で

それぞれのモードを具象化した
人物同士の対話を行わせる事もあります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。