マイケンバウムのストレス免疫訓練法:ストレス予防心理セラピー

マイケンバウムのストレス免疫訓練法:ストレス予防心理セラピー
今回のテーマは、

マイケンバウムのストレス
免疫訓練法:ストレス予防心理セラピー

について紹介します。

アメリカの心理学者
マドナルド・マイケンバウムが
提唱したストレス免疫訓練法は

クライアントのストレスの適切な
対処行動を身につけるとともに

予防する為の行動を学習します。

いたずらにストレスを避けるよりも、
可能な限りの手段を用いて
ストレスを克服しようと言う

能動的な哲学に基づいているため、

ストレス予防法として
手術を控えた患者、警察官や軍人
などに広がっています。

スポンサーリンク

●励ましがプレッシャーになる事もある

ストレス免疫訓練法の提唱者
ドナルド・マイケンバウム(1940~)は

アメリカ心理学会会員対象の調査で、
20世紀で最も影響が大きい
心理臨床化のトップ10に入る人物です。

彼は有益であるはずの
周囲の励ましが逆にプレッシャーに
なることを指摘しています。

例えば、試験を控えた学生に
「きっとうまくいくよ」と励ます事は
ストレスとなり、

「ベストを尽くそうよ」という言葉の方が
効果的であると言います。

また癌を告知された患者に
その話題に触れないように周囲が気を使いすぎると、

逆に患者の孤立感を深めると指摘します。

さらに同じストレスを抱える人々が
グループで話し合う事は大きな力になりますが、

グループ全体が非現実的な
希望的観測によって

プレッシャーから逃れようとする事もあります。

しかもグループ間の不一致を
解消できない場合には、

過剰な興奮状態に陥る事もあります。

マイケンバウムは
アメリカのキューバ侵攻、ベトナム戦争などの
意志決定のプロセスの中で、

このような集団心理から
たびたび不適切な決断が
下されて生きたのではないかという

政治心理的な考察も展開しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。