自己治癒力、免疫力が低下する4つの原因と医薬品の弊害リスク


今回のテーマは、

自己治癒力、免疫力が低下する
4つの原因と医薬品の弊害リスク

について紹介します。

結論から言えば、

病気を治すのは
手術や薬なのではなく、

患者の自己治癒力が治すのです。

そして病気の治療、予防のために
やらなくてはいけないのが、

免疫力を高める事。

つまり健康にとって
自己治癒力や免疫力は大切なのですが、

現代社会では
これらの力がどんどん低下していっています。

中でも健康を取り戻す目的で
摂取する医薬品の弊害リスクは

現代人の免疫力が下がる
大きな罠となっています。

スポンサーリンク

人間や動物に備わる自己治癒力

自己治癒力というのは
自分で自分を治癒する力のことで

人間や動物には
生まれつき備わっている能力です。

生命力と言っても構わない
このシステムですが、

自己治癒力は
主に3つの柱で構成されています。

1.恒常性維持機能

これは体の機能やバランス、
秩序を自然に守る働きです。

2.自己防衛機能

これは病原菌など異物の
侵入や変異した自己細胞を
殺傷して身体を守る仕組みです。

これが「免疫」システムです。

3.自己再生機能

傷ついたり、古くなった
自分自身の細胞を修復したり
新しいものに変換する働きで、

身体を修復し再生します。

自己治癒力、免疫システムと呼ばれる
白血球の仕組みがこのシステムを
運営し、管理し、日々の健康を守っているのです。

こうしたシステムが自然に備わっています。

自然に健康になるシステムが
人間を含めた動物にはあるのですが、

そのために医薬品を使うのは
人、あるいは人に飼われた動物のみです。

病気になる真の原因とは?

これまで、私は、

病気の原因はウィルスや病原菌ではなく、
体内のバランスが崩れたり免疫力が弱まるからだ。

と言う意見を話してきました。

では何が原因で体内バランスが崩れたり
免疫力が低下したりするのでしょうか。

この考えを掘り下げていくと、

病気と言うのは以下の4つの事がらの
いずれか、またはその組み合わせによって発症する

と私は考えています。

1.体内毒素が多すぎる
2.栄養不足状態になる
3.電磁波の悪影響
4.精神的ストレスが多すぎる

これらのどれか、或いは
4つの組み合わせが原因で、

自己治癒力や免疫力が弱った結果、

個々人の遺伝的に弱い部分に
故障が生じて病気が発生する

これが病の真の原因だと
私自身は考えています。

毒素が自己治癒力、免疫力を低下させる

私なりの病気の原因となる事柄
その理由はこの4つです。

それではこの4つをひとつずつ見ていきましょう。

まず1つ目が毒素です。

毒素とは何でしょうか?

実は、
私たちが知らずに食べているほとんどすべての物に、
毒素と言うのは含まれているのです。

またこれが一番大切な話なのですが、

私たちが体内に取り込む毒素の大半は
処方薬や市販薬から取り込まれている

と言う事です。

医薬品の弊害リスクは
かなり大きいと思います。

かなり受け入れがたい話かもしれませんが、

私たちが病気を治す唯一の助けと思っている薬こそが、
一番の毒素、そして一番の病気の原因になるという事なのです。

自己治癒力、免疫力を下げる一番の要因
つまり病気になる一番の原因は

処方薬や市販薬である。

…と言えるのです。

ビジネスに最適な仕組み?

病気の原因が薬にある…

これはなぜか?、、

理由はカンタンです。

それはあらゆる薬には、副作用があるからです。

薬は症状を抑えるだけで、
直接的な原因に働きかけたりはしません。

そして、ある症状を抑えるために一つの薬を飲めば、
その薬が別の症状を引き起こすのです。

例えば頭痛薬を飲めば、頭痛と言う
表面の症状は抑えられるかもしれませんが、

薬を飲めば、別の症状が起こります。

これを別の観点から見ると、
興味深い事実が浮かんできます。

病気を抑えるために薬を飲む

するとまた別の症状がでる

その症状を抑えるために薬を飲む

するとまた別の症状がでる

製薬会社から見れば、
この仕組みは素晴らしい仕組みとは思いませんか?

商売をしている人は
よく理解出来るかと思いますが、

ニーズが次々と生まれるほど、
商品は売りやすくなります。

この仕組みであれば、永遠に
患者さんに薬を売り続けることができるのです。

医薬品の弊害リスクは根深い
システムがどうやらありそうです。

薬を飲むと病気になる?

「薬を飲むほどあなたは病気なる」

私自身はそう考えています。

なぜなら医薬品はすべて毒だからです。

「オイオイいくらなんでも薬が毒ってことは無いだろう…」

と言う意見があるかもしれませんが、

それならばどんな薬でもいので、

今すぐその薬を30錠一気に飲んでみて下さい。
恐らく死んでしまいますから。。

では一方で自然物を食べたらどうでしょう?

リンゴを一気に30個食べても
死ぬことはありません。

お腹一杯で苦しいかもしれませんが
死にはしないのです。

そうです、医薬品と言うのは身近にある
最も危険な毒物なのです。

つまり、自己治癒力、免疫力を下げる
もっとも強力な方法は、

薬を飲むこととも言えるのです。

いかがでしょうか。

少し健康と病気に対する
パラダイムシフトが起きてきたでしょうか?

では次回から新しいパラダイム
の世界でどう対処していくべきか?

一緒に考えていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。