危険な添加物を避け『飴、キャンディ』を安全に健康な食べ方

危険な添加物を避け『飴、キャンディ』を安全に健康な食べ方
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『飴、
キャンディ』を安全に健康な食べ方

について紹介します。

いわゆるキャンディ類ですが、
砂糖や水あめが主原料です。

これを高温で煮詰めたのが
ドロップや飴玉です。

低温で煮詰めたのがキャラメルです。

どちらも最近のものは
危険な添加物に関しては
安全なものがぐっと増えました。

色鮮やかのドロップでも

着色料の「タール系色素」は
あまり使われなくなり

ほとんどが天然の危険の少ない
着色料に変わりました。

スポンサーリンク

しかしそれでも数字がついた着色料、
タール系色素が使われているものもあります。

なかでも「黄色4号」は
アレルギーを招く恐れがあるので

小さい子供には特に注意したいものです。

しかしこのあたりをチェックすれば
後は添加物の危険はほとんどありません。

甘味料にステビアが使われていても
キャンディの場合は純度のよいものが
使われているので大丈夫です。

またもともとキャンディは
口の中で溶かして食べるものです。

唾液には免疫力を高める
少しの添加物なら害を消す効果がありますので
神経質になり過ぎりる必要はありません。

さて安全な食べ方ですが

小さな子どもにはやはり
着色されていないキャンディが一番です。

例えば、原材料が
砂糖、水あめ、香料だけ
というものも出回っています。

虫歯予防や血糖値の上昇などを考えると

キャンディやキャラメルなど
食べ過ぎない方が良いでしょう。

たまに食べる程度に抑えましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。