劣等感も挫折感も感じなくなる方法、克服の心理的メカニズム

劣等感も挫折感も感じなくなる方法、克服の心理的メカニズム
今回のテーマは、

劣等感も挫折感も感じなくなる
方法、克服の心理的メカニズム

について紹介します。

世の中の人のほぼすべての人は、、

多少なりとも「劣等感(れっとうかん)」
を抱いた人生を送っているのではないでしょうか。。

もしもそんな劣等感や挫折を
まったく感じなくなる方法がある…

とすれば、あなたは興味がありますか?

劣等感や挫折感を感じ、
夜も眠れないほど落ち込んでしまう、、

そんな経験が一度や二度
あるのではないでしょうか?

さらにたちが悪いのが、
そのネガティブな感情が足を引っ張り、

仕事面や人間関係で失敗続き、
失敗が怖くてチャレンジできない。

これは人生において非常に厄介なものとなります。

スポンサーリンク

私は負け続けの人生です。。。

しかしここで一度冷静に考えてみて下さい。

ある意味、この地球上のすべての人は
誰かに比べ劣っていると言えますよね。

私はイチローに野球で勝てないし、
羽生名人に将棋で勝つことはできません。

隣のおじさんにゴルフで勝てないですし、
親戚のおばさんには手芸で勝てません。

こんな例は挙げればきりがありません。

また私は、ネットビジネスの世界では
そこそこの成功をおさめ、場数を踏んでは来ていますが、

私より成功した人はいくらでもいます。

それを理解していますが、
私は別に彼らに劣等感を感じなしし、

挫折を味わう事もありません。

その理由はシンプルで、

私は彼らと自分を比較しようとしませんし、

彼らよりうまくやれないからと言って
自分がダメとは思わないからです。

「比べることをしない」
「劣っているからと言ってダメと思わない」

…シンプルですが、
かなり重要な概念です。

劣等感とは一体何だ?

そこらにいるアルバイトの兄ちゃんから
大企業の社長さんに至るまで、

これまで色んな人と出会ってきましたが、
どんな人と出会っても、ある点では
私よりその人の方が優れている事は分かっています。

反対に彼らは私に勝てない部分があるし
私の方がうまくやれるものはたくさんあります。

だからってどちらも劣等感を抱かないハズです。

そうです。

劣等感と言うもののメカニズムは、

事実や経験に起因するのではなく、

事実に対して下した「判断」や
経験に対する「評価」から生じるのです。

私はイチローや松井のようにボールを
バットで打つことはできないのは事実です。

だからって私が劣った人間になるわけではありません。

イチローもある分野のビジネスの世界では
私よりははるかに劣っているはずです。

でももちろん人間として劣っているわけではありません。

すべては、何を基準として自分を判断するか。
自分はどういう人間になりたいのか、
にかかってくるのです。

劣等感も挫折感も感じなくなる方法
もこの考え方にかかってきます。

整形で人生が変わる人変わらない人

これからこのコンテンツでは、

人間の「成功」や「目標」や「人生の豊かさ」
といった分野を成し遂げる為、

そして経済面で富を成し、
大量の現金を手にしてもらうため

あなたがどう振舞っていけばいいのか?

心理学の知識をベースに具体的に
メンタルを鍛えて行く方法を詳しく紹介して行きます。

かつてアメリカのある形成外科医の先生が
物凄く興味深い事実を発見しました。

彼は、それまで患者さんの顔の障害などを
取り除くために、多くの患者さんと接し、
形成外科手術を行って生きたのですが

手術後、患者さんの顔が変化しただけで、

その後、全く新しい人間に生まれ変わって
しまったように見える患者さんがいる一方、

外見が変わったのにもかかわらず、
劣等感が消えない患者さんもいたそうです。
(手術が失敗したと言う事ではなく)

その点に、そのお医者さんは注目し、
メスだけでは治療できる患者さんと
出来ない患者さんが生まれる差を解明しようとしたのです。

そして一つ答えが導きされたのですがそれは、

サイコ =ネイバネティック

という理論でした。

劣等感も挫折感も克服する
方法として非常に重要です。

セルフイメージは成功する為の最も大切な概念

心理学では「セルフイメージ」
と言う概念があるのですが、

自分の持つ自分に対するイメージの事で、

自己啓発や成功哲学の本など読むと

「成功する為にはセルフイメージが大切」

など書かれていて、
分かった気になってしまいますが、

しかしこの心理的メカニズムは
非常に大切です。

その概念だけでは、

セルフイメージとそれが人間の行動に果たす
重要な役割までは教えてくれませんでした。です。

「セルフイメージと言う自己イメージが
どのように人格や個人を形成するのか、、、」

「またセルフイメージが変わるとき、
人間の神経系統にどんなものが生じるか…」

そこまでは言及してなかたのです。

しかし、この「サイコ・ネイバネティック」
と言う理論では、

ごみを拾う、、という簡単な目標から

ダイエット、
ゴルフのスコアをあげる、

だけでなく、

セールスを倍増させる。
パブリックスピーキングのスキルを身に付ける
年収を一億円にする
本を出版する

といった、

ありとあらゆる目標を達成する事が
なぜ可能なのかを科学的に解明する物なのです。

劣等感も挫折感も感じなくなる秘密は
セルフイメージにあります。

劣等感も挫折感を克服する
心理的メカニズムを
しっかり理解して行きましょう。

これから私はこの理論をなにか学術的に
論じようとは思っていません。

ここではあなたの個人的な目標
特に経済的に目標を達成する為のカギは何か、

そしてそのための仕組みや方法論
テクニックなどを紹介して行こうと考えています。

なのであなたのビジネスを加速させれるよう、
ぜひ楽しみに活用して行って下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。