パブロフの犬の条件づけなど行動療法的心理学セラピーの理論

パブロフの犬の条件づけなど行動療法的心理学セラピーの理論
今回のテーマは、

パブロフの犬の条件づけなど
行動療法的心理学セラピーの理論

について紹介します。

行動療法の心理セラピーは、

例えば、

犬にベルの音を聞かせてから
すぐに口に中に肉を入れることを
繰り返すと、

やがて犬はベルを聞いただけで
唾液が出るようになる

有名なパブロフの古典的
条件付けの実験ですが、

行動主義と呼ばれる
心理学の学習理論です。

日本人が梅干しを見れば
口に入れなくてもつばが出てくるように、

ある条件が整えば、
特定の刺激に対して

特定の反応を引き起こすと言う
行動パターンを形成することができます。

その行動パターンを研究するのが
「学習理論」と呼ばれる理論です。

スポンサーリンク

●不適切な行動を望ましいものに変える

この学習理論をさらに
発展させたのが

アメリカの心理学者である
バラス・スキナー(1904~1990)です。

彼は報酬の与え方が
学習の成立やその持続時間に
どのような影響を与えるのか調べるため、

レバーを押せば餌が出てくる
という箱の中にネズミを入れて
実験を繰り返しました。

するとレバーを押せば
必ず餌が与えられる場合よりも、

時々与えられない条件下の方が、

学習行動がより強固に
形成されることが分かりました。

さらに、餌を与えられるタイミングが
ランダムになると、

形成された学習行動が
消去しにくくなったのです。

これは人がギャンブルにのめり込む
心理とよく似ています。

つまり、一度大当たりが出ると
以降失敗が続いても

「次こそは」という動機が強力に働き、
なかなかやめられなくなってしまうのです。

このような原理を応用して、
精神症状は学習というメカニズムに
よって形成されるものと考え、

不適切な学習によって
固定化してしまった行動を

望ましいものへと変化させようとする
流派が行動療法の心理セラピーです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。