スーフィー・ワーリング瞑想法:イスラム神秘主義の心理セラピー

スーフィー・ワーリング瞑想法:イスラム神秘主義の心理セラピー
今回のテーマは、

スーフィー・ワーリング瞑想法:
イスラム神秘主義の心理セラピー

について紹介します。

スーフィー・ワーリングとは、
イスラム神秘主義(スーフィズム)の
修行法を瞑想テクニックとして
採用した心理セラピーです。

やり方は簡単で、
右手を上げて反時計回りに
ひたすらぐるぐる回るだけです。

この時、右の手のひらを上に向け、
左手のひらは地に向けて低く下げます。

これはどちらの方向を向いても
神が偏在していると言う思想に
基づいているようです。

たいていの人は何分か回転すると、
めまいや吐き気を催してしまうので、

あまり勧められませんが、
スーフィズムの修行者たちは
何時間も回り続け、

神との一体感を覚えると言われます。

スポンサーリンク

この瞑想法を修行している内に
不動点が自分の中に形成され、

流れ続ける世界を感謝する
静かな気持ちになるとされます。

●神は偏在する

スーフィズムには「イスト」と呼ばれる
ユニークな瞑想法もあります。

指導者が「イスト」と言った瞬間、
修行者たちはそれまで何をしていようと、

何を考えていようとも
全筋肉と思考を止めてしまうのです。

この瞑想の背景にも

「どんな瞬間にも神が存在する」

という思想があるようですが、

日常の惰性化した流れを
唐突に断ち切ることによる
覚醒を意図したものとも考えられます。

これらの他にも、
スーフィズムにはユニークな瞑想法があり、

トランスパーソナル心理学における
伝統宗教のスピリチュアルな技法として
取り上げられました。

またスーフィズムの大成者である
11世紀のイスラム学者のアル・ガザリは

禅の考案のような寓話を多数作っており
それらは精神修養の方法として
受け止められています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。