危険な添加物を避け『サンドイッチ』を安全に健康な食べ方

危険な添加物を避け『サンドイッチ』を安全に健康に食べ方
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『サンドイッチ』
を安全に健康な食べ方

について紹介します。

コンビニやスーパーマーケットなどで
売っているサンドイッチですが、

具だくさんで種類も色々あり、

昼食やおやつに食べてる人も
増えているようです。

しかし、ちょっと裏を見て
原材料名をチェックして見れば

危険な添加物のオンパレードです。

具の方に添加物が
色々と使われているのです。

「カゼインナトリウム」が入っていれば、

牛乳アレルギーの人の
アレルゲンとなるので要注意です。

「グリシン」も色々な
加工食品に使われていますが、

危険のある添加物です。

調味料として、保存料として、
油の酸化を防ぐので酸化防止剤として
食塩や酢をなじみやすくするために

などなどグリシンを使う目的はさまざまです。

スポンサーリンク

グリシンの危険性として報告されているのが、

モルモットを使った実験で

「筋緊張の消失」や
「一過性の完全マヒ虚脱」

がみられたという話があります。

人体の影響については
まだ分かりませんが、

やはり不安が指摘されるものは
避けたい所ですね。

また、サンドイッチ用の
パンが売られていますので、

安全なパンに、添加物の危険がない
自家製の具を挟んだ手作りのものが一番です。

なお、サンドイッチを作る場合、
野菜などの水分をパンが吸い込まないように
からしバターを塗るのがコツです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。