危険な添加物を避け『ゆで麺、乾麺』を安全に健康な食べ方

危険な添加物を避け『ゆで麺、乾麺』を安全に健康に食べる方法
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『ゆで麺、乾麺』
を安全に健康な食べ方

について紹介します。

うどんやそばを作る時、
ゆでうどんやゆでそばを袋から出して

汁の中にそのまま入れる
なんて事していませんか?

この方法は少し危険です。

ゆでうどんやゆでそばは

使う前に一度茹でるか、
せめて湯通ししたものを使う方が安全です。

そば粉や小麦粉は輸入物が多いのです。

そば粉など

「更科さらしな」
「信州」

と国内産の表示になっていても
実は輸入物だったりします。

「原産国とは、内容について
実質的な変更を加えた国」

という規定があり、

外国産でも、粉をこねて
そばにした場所が信州ならば、

国内産のそばと表示していいのです。

スポンサーリンク

輸入物の小麦粉やそば粉は
国内産のものに比べて弾力や
伸びがないため、

危険な添加物である

「メタリン酸ナトリウム」や
「リン酸塩」を使って

シコシコした歯触りを付ける事が
多いのです。

つまり、ゆでうどんも、ゆでそばも
国内産100パーセントの表示のものを
選べば安全と言えるのです。

また、ゆで麺にリン酸塩などの
危険な添加物が入っていても

具にワカメを使えば大丈夫になります。

ワカメの食滅繊維には、
危険な添加物を体の外に
出す働きがあるからです。

その上、カルシウムを
多く含んでいるので

たとえリン酸塩が入っていても
カルシウムのバランスを取り戻す
効果があるのです。

さて何かと、危険な添加物の
不安が多い中で、

これは安全と言うのが
昔ながらの乾麺です。

棒状乾燥したうどんやそばは
危険な添加物はまず使われていません。

それに加えて、調理する時の
ゆで時間が長いため

余計なものが入っていても
お湯に溶けだしてしまいます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。