危険な添加物を避け『カップ麺』を安心、安全に健康な食べ方

危険な添加物を避け『カップ麺』を安全に健康な選び方、食べ方
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『カップ麺』
を安心、安全に健康な食べ方

について紹介します。

日本のジャンクフードの代表と言われる
カップ麺ですが、

時間がない時の食事代わりだったり、
子供のおやつだったり、
受験生のお夜食と

様々な場面で利用されています。

ところが、このカップ麺は
なんだかんだ言っても健康にとっては
危険がいっぱいです。

なので出来れば避けた方が良い
食べ物ですが、

安全に食べるためには
注意と工夫が必要です。

スポンサーリンク

まず危険な添加物について、

カップ麺の食品添加物で
気になるのは

結着剤、品質改良剤の
「リン酸塩」です。

この添加物は、たくさん摂ると
骨を弱くし、

鉄分の吸収の邪魔をして
貧血を招く不安が指摘されています。

最近ではあまり使われなくなっていますが、
要注意です。

また

「植物たんぱく」
「増粘多糖類」

も気になる添加物ですね。

原材料名に表示はなくても、
植物たんぱくそのものに

リン酸塩が添加されている事が多いのです。

増粘多糖類には、
発がん性の不安がある

増粘剤の「カラギーナン」が
使われている可能性があります。

カップ麺を買う時は

リン酸塩、植物性たんぱく、
増粘多糖類の表示がないものを
選びましょう。

次に容器の危険性です。

カップめんの容器として使われる
発泡スチロールから

環境ホルモンの
「スチレンダイマー」や「スチレントリマー」
が溶け出すことが問題となっています。

これらの環境ホルモンは、
生殖機能に大きな影響を与え、

遺伝子障害を起こす危険性がある
とも言われています。

今の所、人体内での残留性は
低いという意見が出ていますが、

どれほどの影響があるかは分かりません。

しかし、危険性があるからには、
少量でも避けるのが賢明ですね。

ラーメン丼など安全な容器に移し替えるか、

それが面倒ならば、紙容器を使った
カップ麺を選ぶ方が安全です。

また発泡スチロールのものを選ぶなら
揚げ麺よりはノンフライめんの方がまだマシです。

環境ホルモンは油に
溶けだしやすい性質があるのです。

少しでも安全にカップ麺を食べるには、

「熱湯を注いだら、一度そのお湯を捨てる事」

その為に、めんと調味料とかやくが
別々になっているカップ麺を選びましょう。

紙容器の場合は、
調味料とかやくをとりだし

熱湯を注いで一分たったら、
いったんお湯を捨てます。

これで危険な添加物がお湯に溶けだして
捨てることで不安をかなり減らせます。

調味料とかやくをいれて
再びお湯を注ぎます。

三分マイナス一分、
二分たったら出来上がりです。

発泡スチロールの容器の場合は、
調味料、かやく、めんをすべて
容器から取り出し、

麺を丼などに移し替えます。

熱湯を注いだら、お皿で蓋をします。

後の作業は紙容器の場合と同じ、
容器を移し替えるのは、

熱湯によって環境ホルモンが
溶けだすのを防ぐためです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。