グローバーマンのイメージ療法:セラピストがイメージに介入

グローバーマンのイメージ療法:セラピストがイメージに介入
今回のテーマは、

グローバーマンのイメージ療法:
セラピストがイメージに介入

について紹介します。

クライアントのイメージ内容に
セラピストが積極的に介入する
イメージ療法があります。

このセラピーの主唱者は
アメリカの心理療法家の

ディナ・グローバーマン(1945~)

彼女は、ゲシュタルト療法と
神経言語プログラミング(NLP)に
影響を受けているため、

それらのテクニックが取り入れられています。

例えば、通常のイメージ療法は
横になって静かに行うものですが、

グローバーマン流では
イメージの中に重要な人物が
出てきたときに、

椅子から椅子へと移動しながら
対話を行うなど、

時にダイナミックに
動き回る事もあります。

あえてこのような手法を用いるのは、
トランス状態を深めるよりも、

様々な感覚を動員して
クライアントがイメージからより
豊富な情報を引き出すことを重視する為です。

スポンサーリンク

●館巡りで癒す

グローバーマンのイメージ療法は、
楽しい仕掛けを随所に施した
アプローチを行うのも特徴です。

その代表に「館」をモチーフがあります。

「癒しの館」「仕事の館」「お金の館」など、

その時にクライアントが直面している
テーマのもとに、

「館」を刺激語として
イメージを浮かべます。

イメージができ上がると、
カウンセラーの誘導に従って
館の中を探索します。

例えば

「地下に入って下さい。
奥には隠し部屋があります。

二階には窓があって、そこから
あなたの見リアの姿を見ることができます」

といった具合です。

良く考えられており、
クライアントも楽しみながら
治療に望めますが、

やや作為的で時間も
長くなりがちな所があります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。