催眠療法的セラピー、トランス状態の心理学理論の効果や特徴

催眠療法的セラピー、トランス状態の心理学理論の効果や特徴
今回のテーマは、

催眠療法的セラピー、トランス状態
の心理学理論の効果や特徴

について紹介します。

催眠療法的セラピーは、

トランス状態(変性意識状態)という
特有の意識状態に変えることで
治療効果を上げようとするアプローチです。

トランス状態とは
集中や興奮、瞑想などで本能に近い
精神状態に移行することです。

本質的には
リラクゼーションや自律訓練法
と同じものですが、

これらは原則として
毎日でも自宅で行う事ができます。

これに対して、催眠療法や
イメージ療法は治療の時だけ
行われるのが原則と言えます。

また催眠療法は
セラピストのもとにまで足を運ばなければ
ならないと言う負担がありますが、

それは同時に、
セラピストとの人間的交流を
持てるという利点でもあります。

近代における催眠の起源は、
ウィーンの医師

フランツ・アントン・メスメル
(1734~1815)

とされています。

ただしメスメルは当時、

自分の方法を「磁気術」と呼んでおり、

「催眠」と名付けたのは、

イギリスの医師の
ジェイムズ・ブレイド(1795~1860)です。

スポンサーリンク

●ユングもフロイトも用いた催眠療法

まずある心理セラピーの中でも
催眠というのは歴史が古く、

例えば精神分析学の始祖
フロイトも催眠療法を行っています。

彼は1885年にパリでフランス人神経病学者の
ジャン・マルティン・シャルコー(1825~1893)
に学びました。

その時、催眠暗示によって
ヒステリー症状を人工的に生じさせ、
直しているのを見て、

催眠療法の習得に励みました。

しかしのちにフロイトが
催眠療法を放棄したのは

同療法が傍流扱いされる
一因となりました。

行動療法学派が催眠の
実験研究を熱心に行い、

1950年代後半に
アメリカ医師会で医学部での
催眠療法の指導を許可されるほど広まりました。

現在では専門の学会も複数存在します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。