チェイスのダンスセラピー:踊り動きで癒しを得る心理セラピー

チェイスのダンスセラピー:踊り動きで癒しを得る心理セラピー
今回のテーマは、

チェイスのダンスセラピー:
踊り動きで癒しを得る心理セラピー

について紹介します。

ダンスセラピーとは
その名の通りダンスをするセラピーですが、

普通ダンスと聞けば、
社交ダンスやブレイクダンスなどを
思い浮かべるかもしれませんが、

セラピーとしてのダンスで用いられるのは
即興的な動きです。

アメリカでは社交ダンス的なものと
混同される事を嫌い、

しばしば「ムーブメントアプローチ」
とも呼ばれます。

このダンスセラピーのメリットは、
言葉を用いないことです。

また、あまり活動的でない
クライアントでも、

他人の動きにつられて自然発生的に
運動能力を強化できるため、

健康者から慢性化した
統合失調症の患者まで
幅広い対象に適用可能です。

スポンサーリンク

●輪になって動きを伝える

ダンスセラピーで広く用いられているのは、

モダンダンスの指導者だったアメリカ人の
マリアン・チェイス(1896~1870)が
創始した方法で

チェイス・メソッドと呼ばれます。

まず参加者が円陣を組んで
向かい合います。

セラピストは参加メンバーの雰囲気から、
最も合いそうな音楽を選んでかけます。

そのうち、参加者の中から
音楽に誘われて自然発生的な
動きがで始めます。

セラピストはその様子を観察して、
動いている参加者の一つの動きを取り上げて、

より大きくするなどの方法で強調し、
その動きを全員で真似るように促します。

他の参加者が別の動きを始めれば
今度はそれを真似して参加者を誘導します。

何かを投げる、抱きしめる、殴るなど、
象徴的な動きが表れてくると、

セラピストはそのような動きを
拡大して繰り返しながら

「太陽を抱いていると思って踊りましょう」
「誰を殴っているの?」

などと声をかけます。

これによって参加者の動きは
個々人にとってさまざまな意味を
持ったものになってきます。

最後に、全員で手をつなぐなどして
徐々にクールダウンし、

感想を話し合います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。