サイコドラマの効果とやり方:演技で内面を見る心理セラピー

サイコドラマの効果とやり方:演技で内面を見る心理セラピー
今回のテーマは、

サイコドラマの効果とやり方:
演技で内面を見る心理セラピー

について紹介します。

サイコドラマとは、
セラピストとクライアントが

一対一で話し合いのではなく、

複数のクライアントに演技を
してもらいながら行う心理セラピーです。

まず参加者の中から主役となる
クライアントを選びます。

主役は自分の問題となっている
場面を説明し、

その場面に居合わせた人物に
似た印象を持つ人を参加者から選び、

問題場面を即興演技によって再現します。

このときに重要な役割をするのが
「補助自我」というものです。

これは常に主役の脇に位置して、
主役が十分に言葉にできなかったこと、

気が付かなかった感情を言葉にする役です。

演技が終わると、
セラピストは主役のクライアントに

「この場面から何か
思い出されることはありませんか?」

と問いかけます。

それから、クライアントが回想した
場面を再び同じ手続きで再現します。

このように、一つの問題の背景には
幼児期の体験が原因となっていると言う
精神分析的な視点のもとに、

演技が繰り返されます。

スポンサーリンク

●演技でクライアントの内面を変える

演技の最後には、
椅子を母親に見立てて

それを思い切り遠くへ
放りなげると言った象徴的な
セレモニーを行う事があります。

サイコドラマでは、
言葉のみによるやり取りよりも、

そのようなアクションの方が、
その人を変える力が大きいと考えるからです。

サイコドラマの展開の仕方は、
監督役のセラピストが主導する場合が多く、

一つ間違えると、
クライアントがセラピストの
意向に迎合し、

心理的大団円を演じる
心理ショー担ってしまう危険もあります。

ただし、サイコドラマのテクニックには、
他の心理セラピーの流派で
応用されたものが数多くあり、

集団セラピーの源流の一つとされています。

サイコドラマの効果とやり方を
ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。