危険な添加物を避け『スパゲッティ』を安全に健康な選び方

危険な添加物を避け『スパゲッティ』を安全に健康な選び方
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『スパゲッティ』
を安全に健康な選び方

について紹介します。

スパゲッティは大人から子どまで人気で、

最近ではシコシコしてコシの強い
「デュラムセモリナ100パーセント」
のスパゲッティも増えました。

デュラムセモリナというのは、

デュラム小麦をあらびきした
小麦粉の事です。

セモリナというのは「あらびき」の意味です。

デュラム小麦はスパゲッティに適した小麦で、
元々はイタリア産ですが、

最近ではアメリカ産やカナダ産のものも
増えてきました。

一時はチェルノブイリ原発事故の影響で、
イタリア産のものは放射能の危険が
とりざたされていましたが、

今はその危険は全くありません。

スポンサーリンク

スパゲティはまた添加物の
危険もありません。

特にスパゲティは10分近く茹でますから、

もしも危険な物質が入っていたとしても、
お湯の中に溶けだしてしまいます。

なので安全です。

ただし既にゆでて売られている
袋入りスパゲティの場合は

リン酸塩を使っているものは
選ばないようにしましょう。

こういったものも、そのまま
フライパンで炒めたりせずに、

一度サッとゆでこぼせば安全です。

またよく、チーズをスパゲティにかけますが、

これは添加物を無毒化する
と言う安全面から言ってもいい方法です。

チーズはカルシウム、ビタミンA、Bなど
の成分も多く、

添加物を無毒化してくれます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。