危険な添加物を避け『コンビニ弁当』を安全に健康な食べ方

危険な添加物を避け『コンビニ弁当』を安全に健康な選び方
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『コンビニ弁当』
を安全に健康な食べ方

について紹介します。

持ち帰り弁当に便利な
「コンビニ弁当」ですが、

忙しい現代社会では
何かと重宝する人も多く、

ずいぶん利用する人が多くなりました。

しかしコンビニ弁当の
裏の表示を見れば分かる通り、

まるで危険な添加物の見本市です。

添加物の少ない持ち帰り弁当は
ほぼ見当たりません。

また、カツ、から揚げ、ハンバーグ
などのおかずは、脂肪分が多く、

しかも質の良くない油を
使ったものがけっこうあります。

スポンサーリンク

のり弁、しゃけ弁、カレーなども、

味が濃く、塩分が多いので
注意したい所ですね。

それに全体的に野菜不足です。

なお持ち帰り弁当の容器には、
「ポリカーボネート製」のものがよく見られます。

これは環境ホルモンの「ビスフェノールA」が
溶け出す危険があるので、

そのまま電子レンジで温めない事、

温めるならば、陶磁器のお皿に
移し替えて温めましょう。

パック詰めで売られている
白いご飯、包装米飯ですが、

これも、原材料に健康への
害が心配される危険な添加物の
グリシンが使われていたりします。

これでは安心はできませんね。

なので、コンビニ弁当など
持ちかえる弁当は基本的に避けるべきです。

しかしどうしてもコンビニ弁当を
買って食べる人に不安解消のアドバイスをします。

まず弁当だけでなく、
みそ汁やサラダを一緒に食べる事、

職場のお昼ならば
インスタントみそ汁でも十分です。

また食後にリンゴなどフルーツを取れば
安全度はぐっと上がります。

カルシウムやビタミンC、食物繊維などが
危険な添加物の害を防いでくれるのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。