危険な添加物を避け『菓子パン』を安全に健康な選び方、食べ方

危険な添加物を避け『菓子パン』を安全に健康な選び方、食べ方
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『菓子パン』
を安全に健康な選び方、食べ方

について紹介します。

スーパーやコンビニで買える人気の菓子パン。

種類も多く、お菓子としても食事としても
菓子パンを選ぶ人も多いですね。

でも、クリームパンやチョコレートパンなどには

クリームやチョコなどが
腐敗するのを防ぐために、

保存料の「ソルビン酸K」を始め、
危険な添加物が色々と使われています。

その他、ソーセージ入りのパンや
ピザ風パン、カレーパンなどの調理パンも

危険な保存料や添加物が結構入っています。

しかし、クリームパンでも

ほとんど添加物が使われていない
ものありますので、

しっかり、表示を良く確認してから
安全なものを選ぶ習慣を付ける事が大切ですね。

スポンサーリンク

ちなみに、街のパン屋さんのパンなどは、

一見、危険な添加物を使っていないようですが、
包装していなければ表示の義務はありませんので、

まったく問題ないとは言い切れません。

では安全に選ぶことができる菓子パンは
何かと言うと

実はあんパンです。

あずきには防腐を防ぐ働きがあるため、
保存料を使う必要がないというのが

その理由です。

「菓子パンは危険だから
もう二度と食べない!」

などと極度に心配し過ぎる必要もありません。

できるだけ安全なものを選びながら
たまには食べても大丈夫なのです。

大切なのはバランスです。

一つの食品をいつも食べ続ける
なんて事をしなければ良いのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。