言葉や思考をコントロールする大脳新皮質の役割や働きの特徴

言葉や思考をコントロールする大脳新皮質の役割や働きの特徴
今回のテーマは、

言葉や思考をコントロールする
大脳新皮質の役割や働きの特徴

について紹介します。

人間の脳の主要部分の85%を
形作るのが、新皮質と呼ばれる、
いわゆる脳みそと呼ばれる部分です。

この新皮質が普通、思考や考える事、

読んだり、
書いたり、
言語化したり、
分析したり、
認識したり、、

と言った活動はこの部分で
行われると言われています。

この部分が人間は他の動物よりも
高度に発達しているのです。

また、新皮質には左右二つの葉があり、
それぞれが情報を別々に処理します。

スポンサーリンク

これが左脳と右脳で、
この働きの研究にも最近の学会では
大変注目されています。

また爬虫類脳と新皮質の間に、
大脳辺縁体と呼ばれる部分があります。

大脳辺縁体の構成要素の一つである視床下部では、
心の痛みと喜びの中枢を含んでいると言います。

また食欲をコントロールし、
あなたが空腹がどうかを決めるのもこの部分です。

大脳辺体の内部、

そして体のほかの部分で
生化学的に、様々な情報を伝達します。

いわゆる

神経伝達物質とホルモン

という二つのカテゴリーで伝達を行うのですが、

心理状態は、こう言った
生化学物質にコントロールされているため、

エピネフリン、ノルエピネフリン、
ドーパミン、セロトニン、アセチルコリン、

などが主に研究されています。

例えば、

しかめっ面をしているとアドレナリンのレベルを上げ、
セロトニンのレベルを下げ不安の感情の体の兆候を
作り出してしまいます。

それによって、呼吸が浅くなり、
心拍数が速くなり、消化が悪くなる、、など、

メンタルに悪影響を及ぼします、

また複合炭水化物を食べる(繊維が多い食事)と、
血流のトリプトファンのレベルが上がり、
リラックスした気分になります。

これまでいくつか専門的な知識を伝えたので、
眠くなった人もいるかもしれません。。

しかし、

こう言った科学的な知識を持っておく事で、
メンタルコントロールも容易になって行きます。

メンタルのタフさは、

結局の所、この化学作用のバランスを
コントロールすることを証明する事に他ならないのです。

例えば、
呼吸のテクニックは何千年前から行われてきました。

それが最近になって、科学がその、作用が、
どのように何故そう動くかを発見したにすぎないのです。

とは言え、まだまだ未発見の部分はたくさんあるので、
今後の発見に期待が残る分野です。

言葉や思考をコントロールする
大脳新皮質の役割や働きの特徴は
大変興味深いものです。

こう言った知識をフル動員して、

あなたの体に、知識に、そして精神に
ポジティブな影響を及びし、

人生で最高のチャレンジをするよう
頑張っていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。