アルフレッド・アドラー学派のセラピー、心理学理論の特徴

アルフレッド・アドラー学派のセラピー、心理学理論の特徴
今回のテーマは、

アルフレッド・アドラー学派の
セラピー、心理学理論の特徴

について紹介します。

オーストラリアの精神科医
アルフレッド・アドラー(1870~1937)の
心理学セラピーの理論を紹介します。

アドラーは生まれ付き病弱で
病に苦しんだ経験から医者を志します。

ウィーン大学卒業後、
フロイトに師事しますが、

理論上の対立から決別し、
個人心理学協会を設立します。

アドラーが強調したのは、

劣等感の保証という理論です。

幼児期に体験する劣等感が、
それを克服しようとする努力を
生み出すと言います。

とは言え、適度の劣等感は
努力をしようという動機になっても、

強すぎる劣等感は
そのような意欲を萎えさせてしまうものです。

また甘やかしすぎも、
建設的な意欲をそこなると主張しています。

特にアドラーが重視したのは
共同性です。

行きすぎた願望は「他人に協力する」
という相互社会的な意欲に変わって
ゆかなければならないという理論です。

このように、アドラーの主張は
人間の成長や社会性を重視していたので、

後年、アメリカの教育界に
大きな影響を与えました。

スポンサーリンク

●クライアントのライフスタイルの理解

アドラー学派のセラピー心理理論では、

幼児期に見た夢や印象的な
場面を報告することが奨励されます。

セラピストはクライアントの
ライフスタイルを理解し、

その人の人生に適した目標を探します。

これは、個人が実現不可能な
目標を掲げる事に様々な病理の源が
あると考えるからです。

人は成長するに従い、
自分の価値観や人生の目標を
定めて行きますが、

これは幼児期の劣等感などによって
無意識のうちに影響されている場合が多いようです。

そして、そこには往々にして
非現実的な目標が含まれています。

それを現実的なものへと
変えて行くことで、

心が癒されるのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。