ミンデルのプロセス指向心理学:ドリームボディセラピーの特徴

ミンデルのプロセス指向心理学:ドリームボディセラピーの特徴
今回のテーマは、

ミンデルのプロセス指向心理学:
ドリームボディセラピーの特徴

について紹介します。

プロセス指向心理学とは
「ドリーム・ボディ」という概念を
特徴としています。

これは夢と身体的症状が
未分化な原初的プロセスで

視覚、聴覚、身体感覚、
動作、関係性、世界

といった6つの主要なチャンネルを
通して現れるとされています。

ドリーム・ボディが表れるチャンネルは
頻繁に変わるものなので、

セラピストは今クライアントが
どのチャンネルを主に用いているか、

という事に注意を向けます。

そして特定のチャンネルが
主要に使われていると判断すると、

それ以外のおざなりにされている
チャンネルに注意を向けるよう促します。

例えば、
自分の問題について
雄弁に話している人が、

話しながら手首を振っているとすれば、
身体感覚というチャンネルにも
注意を向けるように促し、

その動きを拡大するように
誘導します。

スポンサーリンク

●あらゆる物事に意味がある

プロセス指向心理学の創始者

アーノルド・ミンデル(1940)は
アメリカ出身の心理学者で、

スイスに留学中に分析心理学と出会います。

若いころのミンデルは
ヘビースモーカ、ベビードリンカーの肥満体、

様々な身体症状に悩まされていました。

ある突起は全身の痛みで
杖を使わなければ歩けないほどの
状態が何カ月も続きました。

そこでミンデルは

「人生で起きる事にはすべて意味がある」

というユングの考えを
自分の病気にも当てはめ、

自分の体を題材として
アクティブ・イマジネーションを用い
健康を回復させます。

この経験から、ミンデルは

「夢にも意味があるように
身体症状にも意味があるはずだ」

という探求を始め、
やがてプロセス指向心理学を始めるのです。

●プロセス指向心理学で胃がんが改善したケース

ミンデルはプロセス指向心理学のセラピーで、

末期胃がんの中年男性を分析し、
その病状を改善させたことがあります。

そのステップは、

まずその男性は腹部がどんどん
膨張していく感覚に悩まされていました。

また薬が爆弾になる
夢を見たことをミンデルに話
分析を受けます。

やがて男性は
妻との和解が必要だと言いだし、

ミンデルのアドバイスで
カップルセラピーを受けた所、

病状が改善したと言われています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。