ローエンフェルトの箱庭セラピー:子供のため砂遊び療法の発展

ローエンフェルトの箱庭セラピー:子供のため砂遊び療法の発展
今回のテーマは、

ローエンフェルトの箱庭セラピー:
子供のため砂遊び療法の発展

について紹介します。

箱庭セラピーというのは、
クライアントが砂の入った箱の中に
ミニチュアを思いのままにおいていくことで、

その人の心理状態を
表現してもらい、

心の問題を明らかにします。

箱の大きさは、
横72cm、縦57cm、高さ7cmほどで、

内側は青く、砂が敷かれています。

使われるミニチュアは、
家や人、植物、動物、乗り物など
様々です。

セラピストはクライアントが
箱庭を作っている間、

質問や批評などせず
黙々と見守ります。

このセラピーは、
イギリスの小児科医
マーガレット・ローエンフェンルト(1890~1973)

が子供向けの心理療法として
考案したものです。

それをユング学派のセラピストである
ドラ・カルフ(1934~1990)が
「砂遊び療法」として発展させます。

1965年に同じくユング学派のセラピスト
河合隼雄(1928~2007)が
日本に紹介し、

現在では世界で最も箱庭セラピーが
普及しているのは日本だと言われています。

日本人は古くから
庭園作りや箱庭遊びといった

箱庭セラピーに類似した行為に
慣れ心できたことが理由ではないかと言われています。

スポンサーリンク

●砂遊びのようなセラピー

この箱庭セラピーは
子供のために発案されたものだけに

一時期は子供と言えば箱庭セラピー
と言われるほど隆盛を誇っていました。

子供は大人よりも
言語能力が低いので、

言葉で自分の問題を説明する事が
なかなか難しいものです。

その点、箱にセラピーは
言葉にする必要がありません。

また砂遊びのようなテクニックなので、
子供もすすんでセラピーに応じてくれます。

セラピストの介入を
最低限にとどめるのは、

子供が母親と一緒にいるような
安心感を覚えつつ、

作業を行えるようにするためです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。