危険な添加物を避け『ハチミツ』を安心・安全に健康な選び方

危険な添加物を避け『ハチミツ』を安心・安全に健康な選び方
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『ハチミツ』
を安心・安全に健康な選び方

について紹介します。

現在市場で流通されている
ハチミツはほとんどが外国産です。

これまで、輸入ハチミツは
癖が強いために、

一時盛んに脱色、脱臭が
おこなわれてきました。

その結果、ハチミツに含まれる
せっかくのビタミンやミネラルを
奪ってしまう結果に、

しかし、最近では良質の
ハチミツも出回るようになり

品質もずっと良くなってきています。

なお、ハチミツのパッケージには
「一歳未満の乳児には与えないでください」
と言う表示があるのですが、

こんな表示を見ると

「え、何か消化に悪いの?
危険な添加物が入っているの?」

という心配をするかもしれませんが、
そういう訳ではありません。

スポンサーリンク

ハチミツが呼吸困難などを起こす
「乳児ボツリヌス症」の感染源の一つとされ、

厚生省の指導で、
こういう表示を付ける事になっているのです。

ですから、一歳以上の子供は問題がないという事。

安全なはちみつを選びたい場合、

「全国はちみつ公正取引協議会」

の構成マークのあるものを選ぶことが、
良いハチミツを選ぶ一つの目安になります。

また、

「紅茶にハチミツを入れたら
色が黒みがかってしまった。。

前のハチミツはそんなことなかったのに
このハチミツは品質が悪い危険なもの?」

と言う質問をされる事がありますが、

大丈夫です。

実はこれは、ハチミツに含まれる
鉄分の量の違いによっておこる現象で
ハチミツの品質には問題なく安全です。

ハチミツは、花の種類によって
鉄分の含有量が違うので、

アカシアやシナノキのハチミツは
鉄分が多く、レンゲやなたねのものは少ないのです。

鉄分の多い蜂蜜を紅茶に入れると
鉄が紅茶のタンニンと反応して

タンニン鉄の黒みがかった色になるのです。

なお、普通、ハチミツの鉄分は
100グラム当たり0.8ミリグラムくらいです。

しかし、アカシアやシナノキなどを
蜜源とするハチミツでは5ミリくらいの
鉄分のものが多くみられます。

そういった違いを理解して
安全なハチミツを楽しみましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。