危険な添加物を避け『ソース』を安全に健康な選び方、使い方

危険な添加物を避け『ソース』を安全に健康な選び方、使い方
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『ソース』を
安全に健康な選び方、使い方

について紹介します。

食生活が豊かになるにつれて、
ソースの種類も色々と出てきました。

おなじみの中農ソース
濃厚ソース、ウスターソースなどに加えて、

お好み焼きソース、焼きそばソース
ステーキソース、ハンバーグソース、
タルタルソース、ホワイトソースなど

挙げていけばきりがないほどです。

危険な添加物に関しては、

ソースでよく使われているのは

アミノ酸系調味料、
カラメル色素、
増粘剤、
甘草、
香料

など、

しかし最近ではこれら危険な添加物が
入っていない安全なソースも売られているので、

当たり前の事ですが、

ソースを選ぶなら、なるべく
危険な添加物が入っていないものを選ぶ事。

スポンサーリンク

他にも、お子さんが好きなケチャップは
あまり添加物がなく安心できます。

ただその他、糖分などの問題はありますが…

また、ウスターソースや焼きそばソース
お好み焼きソースなどは塩分が多めです。

なので、こういったものを使う場合
気になる人は、

すりゴマや青のりを一緒に使いましょう。

青のりをたっぷりかけると
美味しくなるだけの理由でなく、
青のりに含まれるカリウムによって、

塩分の害を防ぐ事ができるからです。

タルタルソースなど
脂肪分が多いソースでは

マヨネーズと同様に、

中にキウイフルーツやブロッコリーを
刻んで混ぜておけば、

油の分解を早めて、
脂肪の害も防いでくれます。

ぜひ参考にして、安全にソースを
使って下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。