西洋医学は信頼し、東洋医学は胡散臭い?健康パラダイムシフト

西洋医学は信頼し、東洋医学は胡散臭い?健康パラダイムシフト
今回のテーマは、

西洋医学は信頼し、東洋医学は
胡散臭い?健康パラダイムシフト

について紹介します。

現代の日本社会において、

健康を守り、病気を治癒するには

西洋医学こそが主流であり、
信頼できるものであり、

自然療法的な東洋医学は
古臭くて胡散臭いものだ…

そういった感覚が普通だと思います。

例えば、

こんな単語は胡散臭いと感じますか?

ホメオスタシス、ホリスティック治療、ホメオパシー
鍼や経絡、エネルギー治療、体内バランス、、

逆にこんな言葉だと信頼できるでしょうか?

病原菌、ウィルス、遺伝子、処方箋
近代設備、薬、手術、ワクチン、、

そうですね。

私たち現代人にとって、普通の感覚では、

西洋医学は信頼できて、
東洋的な自然療法の世界は怪しい…半信半疑である、、

と言うのが普通のことだと思います。

スポンサーリンク

西洋医学を疑いなく受け入れてきた

もちろん私もそうでした。

風邪を引けば、病院に行くか、
薬局で薬を買って飲む、

インフルエンザ対策の最強の方法は
ワクチン注射を打つ。

そして病気になれば、入院して病気と闘う。

こういった西洋医学の手法が、

唯一の道と信じて生きていました。

逆に、漢方やデトックスにハマっている人たちを、

「ちょっと宗教がかった変な人たち…」

とうがった見方をしていました。。

東洋医学は遅れていて
西洋医学は最新科学の結集で最先端

どう考えても西洋医学を信じる方が
健康になれるだろうと考えていました。

健康に対するパラダイムシフト

ところがある先生との出会いによって、
健康に対する考え方が変わりました。

しかし現在の私は、
完全にパラダイムが変化しています。

その先生は変わった人で、

若い頃にビジネスで成功しアーリーリタイヤし、

世界各国の語学を覚えながら旅をして、
様々な情報や知識を身につけていった結果、

自然療法が健康な未知であると言う
結論を出しました。

その考えに触れ私の脳内にも、

西洋医学的な薬と手術で対処する
療法は危険であり、

東洋医学的な、身体全体の
自然治癒力を伸ばす道こそが、

真に健康な道であると。。

実際には常識に信じている世界の
真実は逆なのではないか?

と思うようになりました。

西洋医学につかりきっていた私ですが、

でもあるきっかけから私はそういった
新しい考えにもオープンマインドになって、

東洋医学的な色んな療法、
セラピーを試みて行きました。

ハーブやサプリメントなど栄養療法や、
デトックスや運動療法など

世界中の知恵を集め勉強し、
実践を繰り返してみました。

すると、、

私の現在の考えでは、

薬や手術に頼らずに、病気を防いだり
治療できる、そんな自然治療の方法がある。

そう言う確信的な考えに行きつきました。

もちろんあなたが何を信じ、
どう考えようがあなたの自由ですし、
すべての責任はあなたにかかっています。

でも、これから紹介していく自然療法の世界の
知恵に対して少しでも関心を持って頂ければ光栄です。

健康に対するパラダイムシフトが
起これば、

健康、美容、長寿のレベルは
高まると私は感じています。

西洋医学と東洋医学の違いとは

現代西洋医学では

フランスの哲学者デカルトさんが
1600年代に唱えた、

人間機械論

がきっかけとなり、

100年後のフランス唯物論者である、
完全人間機械論を提唱した
ラ・メトリさんによって、

現代西洋医学は発展を続けています。

簡単に言えば、

人間の体と心をパーツパーツで分け、
それぞれ別々なものとして扱い、

まるでプラモデルのように
人の体を機械のように扱う。

人体の機能をできるだけ数値化して

体の部分に悪い部分があるならば
薬や手術で切り取ってしまう。

その後、科学は発展していき、
DNAまで研究は進んでいます。

東洋医学の全体的な考え方

一方、何千年前から
経験的に見出された

伝統的な東洋医学ですが、

なぜか良く分からないが、

「この植物を飲むと治癒する」
「このツボを押せば治癒する」

体験や経験により培われてきました。

ツボやハーブなど未だに科学の目では
解き明かすことができない部分がたくさんあります。

中国の中医学やインドのアーユルベーダなどが
伝統医学代表ですが、

東洋伝統医学の
共通する基本的な考え方は一つ

人間に備わっている
自然治癒力や免疫力を強化する事は

健康で愉快な生活を送るために
欠かすことのできないとても大切なもの

その為のアプローツはさまざまあると言う事です。

ただ、

東洋医学の考えの根源は

大宇宙という自然観と
小宇宙という人間観があり

人間を全体像を大局的に捉えています

西洋では歴史の流れから
人間機械論が主流になり

宇宙観が忘れられ
眼で見えるものがすべて

眼に見えないものは無視。

しかし、

なぜか科学で分かっていない

という理由だけで

効果があって結果が出るものを
無視すると言うのは賢明な態度ではない
と私は思うのです。

医学的「事実」はただの「見解」に過ぎない

今回は一つだけ注意を喚起したいのですが、

現在の医学界と言うのは興味深い世界で、
全ての発表を「事実」として発表していきます。

本当の言い方ならば、、

それはその時点での情報に基づく
一方的な「見解」でしかないのに

あたかもそれが事実かのように

『医学的事実』

として発表されるのです。

医療業界の人たちは、

自分たちこそが健康や病気に対する
唯一の情報源である!

と主張しますが、

果たしてそれは本当でしょうか?…

彼らはしきりに、

「信頼出来る科学的証拠」
「科学的にテストされた。。」
「科学的に証明された!」

とか、、、

そういった言い回しを良くしますが、

本来それらは、あくまでもその時点の
学説や理論であって、その理論はいつも
いつの時代も変わっていくものなのです。

つまり決して真実ではないのです。

このサイトでも、

西洋医学も東洋医学も
正しい間違っていると言う議論をする事はしません。

あくまで私の経験と知識に基づく内容を
紹介するのみです。

フレキシブルな考え方で健康を目指しましょう

そしてこれから私が紹介する道も
全てあくまで私の考えている道です。

私の知識と経験を踏まえて
健康、長寿、美容を入手する為に
最高と考えている道をお伝えしていきます。

西洋医学=間違ったバカな考え
東洋医学=真実で唯一の道

…と言った極端な考え方はしていません。

盲信的に何かを信じ過ぎるよりも
色々な角度から柔軟に考え、実践していく。

それが真の健康を得るための道だと
私自身は考えています。

西洋医学は信頼し、東洋医学は胡散臭い?

という常識的な健康の
パラダイムシフトが起こせるよう、

その為の情報を色々とお伝えしていきますので、
ぜひ楽しんで読み進めていって下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。