危険な添加物を避け『お酢』を安全に健康な選び方、使い方

危険な添加物を避け『お酢』を安全に健康に選び方、使い方
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『お酢』
を安全に健康な選び方、使い方

について紹介します。

お酢と言うには優れた殺菌、
防腐の効果があります。

また、汚染物質を引き出したり、
発がん性を抑える効果もあると言われます。

またビタミンCを壊す酵素を
抑える働きもあります。

このように、お酢と言うのは
食品の安全を守る素晴らしい
性質があるのですが、

お酢にも種類は色々です。

スポンサーリンク

「米酢」は米だけで作られている
という印象もありますが、

原材料は米と醸造用アルコールです。

米だけと言うのは「純米酢」という
ラベルのあるものだけです。

「雑穀酢」というのは、
米、小麦、コーン、醸造用アルコール
で作られています。

原材料のコーンには、
遺伝子組み換えの心配もあります。

「黒酢」の色は、アミノ酸が褐変したもので、
長い醸造期間中に、しだいにこの褐変が起こるため、

品質の良い高級品と言う
イメージがあります。

しかし、価格の差ほど、
うまみ成分や品質には差がありません。

以前に、お酢の品質をテストして見た所、

たくさんの製品を分析して、
アミノ酸(天然のうまみ成分)の
数を調べました。

うまみ成分の多い、「上ランク」
に入ったものが半数以上。

ところが、価格の方はどうかというと、

100円台から1800円と

ずいぶん開きがありました。

「中ランク」のお酢は三割ほど。

価格は100円未満から500円台モノのばかりで、
100円台が大半です。

「下ランク」は、やはり
100円未満~500円台で300円台
のものが多かったのが意外でした。

こうなると、高いものだから
質が良いとは限りませんね。

どれを選ぶかはお好み次第という所でしょう。

・健康に優れたお酢の栄養と薬効

醸造酢には、
有機酸とアミノ酸が多種類に渡り
含まれています。

この有機酸グループには
「クエン酸」が存在し、

そのパワーは、
運動選手が疲労回復のために
飲んでいる事も知られています。

実は、クエン酸はお酢にわずか0.2%という
微量しか含まれていないのですが、

お酢の主成分である酢酸とその他の
有機酸のほとんどが、

体内でクエン酸に変化します。

このクエン酸は、
胃酸の働きを助けて食欲を増進させ、
タンパク質の消化をよくします。

また強い酸なので、
腸内細菌を殺し整腸作用も期待できます。

また降圧効果があることが報告され、
血流を良くし、

代謝を活発にすると言われています。

しかしお酢の最大の効用は、
疲労を回復させる

「TCAサイクル(クエン酸サイクル)」

を円滑に回らせるように働く事です。

様々な使い方のあるお酢を
食卓に加えましょう。

<お酢の主な栄養素(100g中包含量)>

・ビタミンB1…0.01mg
・ナイアシン…0.3mg

添加物はゼロであり、発がん性を抑える
効果さえあるお酢は健康にとって素晴らしい
安全な食材と言えますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。