危険な添加物を避け『味噌』を安心・安全に健康な食べ方、選び方

危険な添加物を避け『味噌』を安心・安全に健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『味噌』を
安心・安全に健康な食べ方、選び方

について紹介します。

味噌は日本人の食生活に
欠かせない伝統的な食品です。

そんな味噌も以前は漂白剤の
「亜流塩酸」など添加物を使った
危険なものもありましたが、

最近では添加物の不安は
ほとんどありません。

ただし、選ぶときに大切な事は
パッケージの表示の見抜き方です。

味噌は米味噌、麦味噌、豆味噌に
分けられますが、

これらは麹の原料の違いによるもので、
あくまで主原料は大豆です。

従って、遺伝子組み換え大豆に関する
表示に注意する必要があります。

スポンサーリンク

安全な国産大豆使用の味噌を選ぶ事

「国産大豆使用」と書かれてあっても、
実際は輸入大豆も合わせて使っている
場合がほとんどです。

残留農薬などは製造過程で
ほとんど取り除かれるらしいですが、

遺伝子組み換え大豆
かもしれない不安が残ります。

そこで「国産大豆100パーセント」
のものを選べば安全ですね。

「純正」と言う表示も良く見かけますが、
これは、保存料や漂白剤を
使っていないという意味です。

しかし今の味噌は添加物を
使っていないものがほとんどで、

もともと、どの味噌も純正と言えるのです。

「無添加」の表示は、添加物はもちろん
発酵をとめる酒精(アルコール)も
使っていないものです。

「生みそ」は、酒精を添加せず、
加熱もせず、酵母を生きた状態で
パックしたものです。

価格の割には味にそれほど
差はありません。

味噌で気になるのは塩分

「天然醸造」は、自然の気温で
一年くらいかけて発酵させたものです。

しかし、実際は3カ月くらいの
速醸の味噌がほとんどで、

本物の天然醸造がどれだけあるかは疑問です。

アミノ酸等の調味料を加えた
「だし入り味噌」は、

かなり塩分が高いものを見かけます。

栄養成分を見て、

食塩が100グラム当たり12パーセント未満の
ものを選ぶと良いでしょう。

味噌汁が、日本人の塩分摂り過ぎの
原因のように言われた事もありましたが、

今は、辛口味噌でも12~13%くらいで
かなり塩分が抑えられています。

気になる人は、成分表示を確かめて
10%前後のものを選びましょう。

「薄塩」「減塩」と表示されていても、
基準とする数字があいまいなので、

当てにはなりません。

健康のためにみそ汁を

味噌汁はうす味を心がけることが第一です。

具には、塩分の害を減らす
働きがあるカリウムやヨードを含む、

わかめ、とろろ昆布、さつまいも、
ジャガイモなどを積極的に使いましょう。

神奈川県厚木市の保健所の
調査データを見てみると、

一日に一度も味噌汁を
食べない人の60%までが、

かなり偏った食事をしているそうです。

味噌汁ゼログループから
一日一食グループ、二食グループへと
いくに従って、

料理の品数と材料の種類が増え、
食事評価も高くなる傾向にある
と言う報告があります。

味噌汁は食生活を豊かにする
要のようなものかもしれません。

健康のための味噌の栄養と薬効

味噌は米を主食とする
日本人に不足しがちな

リジン、スレオニンなどの
必須アミノ酸を補ってくれる食材です。

動脈硬化、高血圧、心臓病を
予防するリノール酸やサポニンを含みます。

また、骨粗鬆症に有効な
イソフラボン、ビタミンEを含み、
がんや老化を防ぎます。

そして、乳酸菌が
肝臓の解毒作用を助けて、

ニコチンやアルコールの害から
身体を守ってくれます。

<味噌の主な栄養素(100g中包含量)>

・ビタミンE…0.1mg
・カルシウム…18mg
・カリウム…68.4mg
・鉄分…0.7mg

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。