危険な添加物を避け『砂糖』を安心・安全、健康な食べ方、選び方

危険な添加物を避け『砂糖』を安心・安全、健康な食べ方、選び方
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『砂糖』を
安心・安全、健康な食べ方、選び方

について紹介します。

砂糖には色々な種類があります。

「精製糖」

サトウキビからに出した糖液を濃縮し、
遠心分離機で蜜を分離して精製したもの。

「三温糖」

完全に精製された砂糖液から
白砂糖を繰り返し作り、

残った液を結晶させたもので、

滑走の色は、精製の途中で
熱を加えることで出来たもの。

ミネラルが多い訳ではないので
健康に良いという訳ではありません。

スポンサーリンク

「キビ砂糖」

サトウキビの液を脱色、精製
しないまま煮つめたものです。

原液の養分とミネラルを
たくさん含んでいると言われますが、
ごくわずかです。

「テンサイ糖」

砂糖だいこん(ビートまたはテンサイと言う)の
汁を煮つめて精製したものです。

「黒砂糖」

サトウキビを絞った汁に灰汁を加え
濾して煮つめて固まらせたもの。

カルシウムや、鉄分の量は
砂糖の中では一番です。

いずれも添加物の面で言えば
あまり心配はありません。

また健康を考えた一日の摂取量を考えると
砂糖でミネラルを補給するのも無理があります。

と言う事はどの砂糖を選ぼうが
さほど違いはありません。

砂糖のメリットとしては
体内ですぐにエネルギーに転換されるので、
疲れを取る時など即効性はあります。

素早く吸収され、脳の働きを活発にする
エネルギー源としても大切な役割があります。

他にも防腐性、浸透性、ゼリー化など
色々な効果を発揮しますが、

健康にとってはデメリットも多いです。

砂糖を取り過ぎると、

虫歯の原因になったり、
ビタミンB1不足になりやすかったり、
カルシウムが不足したり、
血液中に中性脂肪が増えたり、
肥満や動脈硬化になりやすかったり、

何よりも血糖値をあげてしまうので
体内のバランスを崩してしまいます。

糖分と言うのは、身体にとって
必要な成分ですが、

取り過ぎると色々と健康上の問題が起きます。

安全な食べ方と言うのは
糖分を控えることですね。

なお、飲料水などの記載されている

「無糖」
「糖分ゼロ」
「ノンシュガー」
「シュガーレス」
「シュガーフリー」

…と言うのはいずれも同じ意味です。

砂糖は使われていません、

ところが「砂糖不使用」とくれば、
砂糖は使っていないですが、

パラノースやアスパルテーム
危険な人工甘味料を使っているという事、

これらは非常に危険な添加物なので、
うっかり糖分が入っていないから
安心・安全と勘違いしないようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。