危険な添加物を避け『缶詰』を安全に健康に食べる方法、選び方

危険な添加物を避け『缶詰』を安全に健康に食べる方法、選び方
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『缶詰』を
安全に健康に食べる方法、選び方

について紹介します。

缶詰というのは、いざという時にも
安心な心強い味方である、

強力な保存食品ですね。

しかし、かなり危険な添加物が
多い食品なので、

その成分表示には
注意しなくてはいけません。

スポンサーリンク

例えば、

コンビーフの缶詰の原材料の
表示を見ると、

危険な添加物として

品質改良剤の「リン酸塩」

発色剤の「亜硝酸塩」

増粘剤の「カラギーナン」

などが入っています。

ホタテやサーモンなど、
「調味料(アミノ酸等)」も添加していない
安全な缶詰も出回っているのですが、

かに、コンビーフ、ウィンナーソーセージなどの
缶詰には、リン酸塩をはじめとした、

不安な添加物が多くみられます。

ところで、缶詰には添加物のほかに、
環境ホルモンの心配も存在します。

缶詰の内側に、
「ビスフェノールA」を原料とした
「エポキシ樹脂」でコーティングしている事が多く、

長期間のうちに溶けだしてくる心配があるのです。

環境ホルモンと言うのは、
人体の中で、ホルモンと同じような働きをし、
微量であっても生殖機能に大きな影響を与える
と言われている物質の事です。

こういった環境ホルモンの溶けだす
リスクを回避する為のは、

できるだけ、缶詰は新しいうちに食べる事です。

環境ホルモンは油に溶けやすいので、
特にツナ缶のように油の多い食べ物は、

日付を確認していない
なるべく新しいものを選び、

買ったらすぐに食べることをおススメします。

そして安心して食べるためには、
缶詰を開けたら汁を捨てて

湯通しできるものはサッと
湯どおししてから使うと良いでしょう、

缶詰の賞味期限は

「120425」とあれば、

2012年4月25日と言う意味ですので、
新しいものが良いので、選ぶ時には
日付にも注意したいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。