危険な添加物を避け『燻製おつまみ』を安全に健康に食べる方法

危険な添加物を避け『燻製おつまみ』を安全に健康に食べる方法
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『燻製おつまみ』
を安全に健康に食べる方法

について紹介します。

「イカの燻製」
「ホタテの燻製」
「たらの燻製」

…など、燻製食品は乾き物の
酒のおつまみとして定番ですね、

しかしこういった燻製のおつまみには
危険な添加物がかなり使われています。

また、くん製のおつまみの特徴は
スモーク風味が最大の特徴ですが、

本当にスモーク加工されているのか、

これを表示の面から判断するのは困難です。

スポンサーリンク

燻製ではなく燻製風の味をつける燻液

「イカの胴の部分だけを桜のチップでスモーク」
「帆立貝柱で軽くスモーク」

などパッケージには表記されていますが、

温風で乾燥させた後に、
軽くいぶして風味づけしただけのものもあります。

また、原料の肉を煙でいぶさず
燻液と液につけてスモーク風の
味を出す方法もあります。

サトウキビ、竹材、トウモロコシ、
木材などを乾留してえられる製造用剤で、

温風による乾燥と組み合わせて
使われる事もあります。

またスモーク味を調整したり、
向上させる目的でさまざまな
添加物が使われているものも多くあります。

くん製おつまみに含まれる危険な添加物

例えば保存料として、

「ソルビン酸K」

品質改良剤の

「リン酸塩」

甘味料の

「ソルビット」
「甘草」
「ステビア」

調味料(アミノ酸等)
酸味料などです。

他にも着色料として

「コチニール(カルミン)色素」

が使われている事もあります。

せめてこういったものが含まれる
物は避けたい所ですね。

ちなみに「ソルビット」と言う甘味料は

さわやかな甘みのある甘味料で、
保湿効果や鮮度を保つ効果、

他の甘味料の嫌みを消すなど
様々な効果があります。

その為に、色々なものに
添加物として入っています。

しかし、気にせずあれやこれや
くん製品など食べているうちに

必然的にたくさん取ってしまう事になります。

しかしたくさん摂取すると下痢を起こす
恐れもある危険な添加物ですから要注意です。

くん製おつまみを安全に食べる方法

さて、まったくの無添加の
くん製おつまみもありますので、

きちんと表示を確かめて
買うならこういったものにしましょう。

安全なくん製おつまみの食べ方は

添加物の入ったくん製を
アルコールのつまみにして食べない事です。

「え、おつまみなのにお酒なし?」

…と矛盾した言い方ですが、

アルコールは添加物の吸収を早め、
たくさん取ってしまう事になります。

「酒の肴は手作りに限る」

これが安全な食べ物を食べるコツです。

また、くん製おつまみは甘味や
スモーク味の割には、

予想以上にナトリウム量(食塩量)の
多い食品です。

無添加の場合でもナトリウム量が多いので要注意です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。