細胞と分子栄養学と頭痛、ライナス・ポーリングとビタミンC


今回のテーマは、

細胞と分子栄養学と頭痛、
ライナス・ポーリングとビタミンC

について紹介します。

あなたは分子栄養学という言葉を
聞いた事がありますか?

健康や頭痛など不調を直すアプローチでは、
大きなパラダイムシフトが起きているのです。

私がこのサイトで伝えたい一番のポイントは、 

細胞レベルでの健康体を得る。

ということです。

頭痛を根本から解消するにも
細胞レベルを意識しないといけません。

例えば、
美容と健康のためにビタミンCを取る

これは1970年代にアメリカで
ブームが起きたのですが、

ノーベル賞受賞者である
ライナス・ポーリング博士が

「ビタミンCとカゼ」

という本を出版し、ベストセラーになり
そこからブームが始まったそうです。

スポンサーリンク

分子栄養学とは何か?

われわれの体は
約60兆個もの細胞から成り立っています。

健康な体も、病気の体も、つめの先から
髪の毛一本、一本にいたるまで、

頭痛があるときの体も、
頭痛がない時の身体でも

いついかなる状態であれすべて細胞が作っています。

そして、細胞は常に生まれ変わっています。

その細胞一つ一つに分子レベルで
アプローチする方法をまとめたものが
今回紹介した方法です。

医学界では数10年前に大きな発見があり、
それまでの常識が大きく覆されました。 

ワトソンさんとクリックさんが1953年に

DNAの超微細構造である
「二重らせん」を発見して以来、

それまで、

「病気の原因は、ウィルスや細菌が原因で起こる。」

とされていたのが、

「ウィルスや細菌はほんの一因であって、
それよりも細胞機能の変性が原因で起こる。」

ということが分かってきたのです。

そして、大量のビタミンCで
風邪や癌を予防できると発表し、

ノーベル賞を受賞したライナス・ポーリング博士が
分子栄養学というものを確立していきました。

簡単に言えば、

細胞が弱く変わってしまったときに病気になる。

そして、細胞の変性を防ぐのは、栄養素が重要である。

という考え方です。

つまり、表面部分で薬を用いるのでなく、
根本部分から栄養で治すというものです。

ビタミンCの健康効果

ポーリング博士の提唱した
ビタミンCの健康への効用ですが、

ある程度風邪に効く…

くらいの認識を持つ人も
多いと思うのですが、

風邪だけでなく、
ガンにまで効果があり、

さらに病気を予防したり、
病気になりにくい身体を作り、

さらには副作用がない・・

ビタミンCをはじめとする
栄養素には素晴らしい力があるのですが、

ポーリング博士の主張は、

当時から医学界の権威には
まったく認められず、

むしろ攻撃を受けつづけ、
失意のうちにこの世を去ります。

しかし、ビタミンだけでなく
栄養素の体の効果は

病気を治したり予防するのに
効果のあるものなのです。

表面から根本へのシフト

ポーリング博士によって最初に
「ビタミンC療法」が提唱されてから

40年もの歳月が流れています。

ただ、現実は大きくは変わっていきません。

しかし未だに風邪には薬の投与、
腫瘍は手術で切り取るが基本です。

しかし、その考え方に
異を唱えるお医者様も多くなってきました。

病気を薬で殺したり、手術で切り取るのでなく、
病気にならない生き方を提唱する。

本書の大半はそんな医療界を変えたい
熱い志を持った方々の意見も参考にして作っています。

頭痛の原因は何か?と聞かれたら

私は、「細胞機能の変性と考えています。」

と答えます。

多くの人は物事の表面しか見えていません。

何かの原因を表面レベルでしか見ようとしません。

実はもっと深い目に見えないところに原因はあるんです。

臓器、血液、神経、骨、ホルモン、そして細胞。

健康で強い細胞に生まれ変わると、
あなたの頭痛は完全に消え去ってい行きます。

しかも、今までより数倍健康な肉体を実感するはずです。

そして、健康で強い細胞を変えるための手段が

毒素の徹底的な排出であり、
バランスの良い栄養素の摂取であり、
ストレスを下げ神経伝達を正すことであり、
血行を良くすることであり、
ホルモンバランスを整えることなのです。

そして、すべてやらなくてはいけません。

1つでも欠けると細胞に支障をきたします。

細胞を元気にする

今日から、全ての体の不調の原因は、細胞にある。

と意識していてください。

「細胞を元気にする」

と、今から、その辺の汚いメモ紙じゃない、
少し上等の紙を用意して、

高級なペンで綺麗に丁寧な文字で、紙に書いてください。

そして、机の前に貼り、トイレの前に貼り、
手帳にはさんで、毎日見続けてください。

最低でも3ヵ月は見続けてください。

人間という動物は意識し続けないと、すぐに忘れます。

本当にすぐに忘れてしまうのです。

「そんな面倒なことしないよ」と、
「もう細胞の重要さはわかったよ」と

思いこのステップを飛ばさないでください。

この些細な差が、頭痛を完治させるのに
成功と失敗を分ける大きな差になるのです。

これが、もっとも大事なステップです。

そしてこれまでの内容を復習して
細胞を元気にさせるステップを
生活に加えていって欲しいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。