危険な添加物を避け『たらこ』を安全に健康に食べる調理方法

危険な添加物を避け『たらこ』を安全に健康に食べる調理方法
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『たらこ』を
安全に健康に食べる調理方法

について紹介します。

たらこというのはスケトウダラの
卵を塩漬けにしたものです。

ちなみにスケトウダラのことを
韓国語で「メンタイコ」といい、

唐辛子で味付けしたたらこが
辛子明太子です。

ご飯のおかずとしても人気の高い
たらこ、辛子明太子ですが、

赤いものほど美味しそうなイメージがありますが、
そこが落とし穴、あの鮮やかな赤色は
着色料によるものです。

本当のたらこの色はもっと白っぽいのです。

スポンサーリンク

危険な添加物入りにたらこを避けるために

危険た添加物入りでない
安全にたらこを食べるために

「赤色102号」

など数字のついた着色料や、

「コチニール(カルミン)色素」

を使っていない、白っぽいものを選びます。

しかしここで「無着色たらこ」
と表示されているものは安心かと言うと、

実はそうでもないのです。

着色料を使っていないだけで、
着色料の代わりに発色剤の
「亜硝酸塩」を使っているものが多いのです。

これではどっちもどっちです。

亜硝酸塩は、たらこが
黒ずまないように使われるのですが、

この添加物は、胃の中で
卵中のアミンと反応して

強い発がん性物質である
ニトロソアミンを合成する危険性が
指摘されています。

ただし亜硝酸を使ったときには
同時にビタミンCの添加が義務付けられ、
発色剤の害を防ぐ効果があります。

たらこを安全に食べる方法

完ぺきに安全なのは、

無添加、無着色、おまけに
「調味料(アミノ酸等)」すら
使っていないたらこを選ぶ事です。

さらに「たらこは焼いた方が好き」
と言う人も多いと思いますが、

焼くならば「調味料(アミノ酸等)」
の表示があるものは避けましょう。

なぜかというと、
調味料のアミノ酸の主体である
グルタミン酸ナトリウムは

直火の高温で発がん物質となる
危険があるからです。

なのでたらこを焼く時は
ちょっと焼き色を付ける程度に、

焦げた部分は発がん性物質に
なる心配があるので、焦がさない事です。

また、焼きたらこは、
大根おろしで添えることをお勧めします。

大根おろしのビタミンCが
グルタミン酸ナトリウムの高温による
発がん物質、焦げの発がん物質の害を防ぎます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。