危険な添加物を避け『ふりかけ』を安全に健康に食べる方法

危険な添加物を避け『ふりかけ』を安全に健康に食べる方法
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『ふりかけ』
を安全に健康に食べる方法

について紹介します。

市販のふりかけには意外にも
危険な添加物がたくさん使われています。

ふりかけは、その性格と目的から
栄養面よりは風味が重視されてきました。

凍結乾燥技術の進歩に伴い
梅、しゃけなど風味豊かな製品が
次々と登場しています。

特に子供向けのキャラクターふりかけには
危険な添加物が多いので要注意です。

いまどきの子供が大好きな味に
少しでも近づけるために

そして色とりどりにするために
様々な添加物を使っているのです。

スポンサーリンク

危険な添加物入りのふりかけを避ける方法

ふりかけは茹でるなどして
手を加えて添加物を減らすことはできませんから、

安全の度合いは選び方一つにかかっています。

そこで、よいふりかけの見分け方は、

添加物をかなりたくさん使ったものと、
ほとんど使っていないものとが
極端であることを理解することです。

風味や色どりを増すために
様々な調味料やエキスが加えられた
ふりかけがある一方で、

天然物志向の強い、
添加物の危険性がほとんどない
ふりかけも出回っています。

なので、後者の天然物志向の強い
ふりかけを選ぶことが大切ですが、

いずれにせよどんな製品でも
基本は塩味なので、

食塩の量は気になる所です。

ふりかけに含まれる危険な添加物

ふりかけぬ含まれる危険な添加物で

よく見かけるもので
特に避けた方がいいのは

「コチニール(カルミン)色素」

を使ったふりかけです。

また甘味料の

「甘草」「ステビア」

もできれば避ける方がよく

マーガリン、ショートニングや
人工甘味料、アステルパームは
もちろんNGです。

探すのは大変ですが、

「調味料(アミノ酸等)」と
原材料名の表示に入っていない
ものなら言う事なしです。

いずれにせよ、無添加に近い
安全なふりかけ以外は

あまり回数を多く食べない事が大切です。

ふりかけを安全に食べる方法

また手軽に安全度を高める
ふりかけの食べ方も紹介します。

それは赤しそ(ゆかり)を混ぜることです。

しそはβ‐カロチン、ビタミンC、
カリウムがたっぷりで、

添加物の害を防ぎます。

他にも青のりを混ぜるのも
いいアイデアですね。

しそと同じく免疫力を高め
毒素の害を防いでくれます。

自家製ふりかけを作って食べるのが
もちろん一番安心で健康的です。

手作りしてみるのはいかがでしょうか。

煮干しの粉とすりごまを同量、
赤しそと青のりを好みの量加えて
すり鉢でよくすりつぶします。

味を見てものたりないときには
塩を少々加えます。

これで完全無添加のふりかけの完成です。

とても手軽でおいしく、
健康にも良いのでぜひお試し下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。