危険な添加物を避け『お惣菜』を安全に健康に食べる方法、選び方

危険な添加物を避け『お惣菜』を安全に健康に食べる方法、選び方
今回のテーマは、

危険な添加物を避け『お惣菜』を
安全に健康に食べる方法、選び方

について紹介します。

和風の煮物などは「おふくろの味」の代表格、

危険な添加物など入っていない、
昔ながらの健康的な食事、おかず
というイメージがあると思います。

しかし、スーパーやコンビニなどで売られる
「お惣菜」の煮物などはちょっと違います。

パッケージの裏の原材料名の
表示をよく見てみると、

保存料などの添加物が
かなり入っている事が分かります。

スポンサーリンク

例えば、

お惣菜の代表「きんぴら」の
原材料名の表示を見ても

「リン酸ナトリウム」
甘味料である「甘草」など

不安な添加物が使われています。

他にも、よく見かける危険な添加物で

保存料である「ソルビン酸K」
甘味料の「ステビア」などがあります。

なのでこういった添加物が入っていないものを
選ぶべきなのですが、

同じきんぴらでも「調味料(アミノ酸など)」すら
入っていない優れモノも最近では出回るようになっています。

表示をよく見て、
安心なものを探すようにして下さい。

ここで、安心度を少しでも高めるために、
市販のお惣菜を食べる時には

味噌汁を一緒に取ることを
忘れないようにしましょう。

発酵食品である味噌は
免疫力を高めることにも優れており、

また大豆に含まれるポリフェノールが
強い抗酸化作用を発揮するからです。

また、みそ汁の具には
カルシウムや食物繊維、

デトックス作用のある
ビタミンA,C,Eをたっぷり含んだ
わかめやほうれん草などをたくさん入れましょう。

市販のお惣菜や煮物によく使われる
リン酸塩などの添加物の害を消してくれます。

市販のお惣菜を食べる際はみそ汁とともに!

これを心がけて安全な食べ物を食べるようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。