メンタルタフネスを鍛える4つの方法、強化トレーニング手法

メンタルタフネスを鍛える4つの方法、強化トレーニング手法
今回のテーマは、

メンタルタフネスを鍛える4つの
方法、強化トレーニング手法

について紹介していきます。

多くの人、特にビジネスマンは
この概念を持っていない人が
多いのですが、

メンタルタフネスというのは、

心の筋力…

つまり、あなたが望むとき、必要な時に、
いつでも自分のベストを出せる能力を与える

とっておきのスキルです。

そんなメンタルタフネスを
鍛える4つの方法があります。

身体の筋力は鍛えれば鍛えるほど
強くなっていきますが、

心の筋肉も同じで適切な
トレーニングで鍛えるほど強くなります。

プレッシャーの多い現代社会では、
この鍛え抜かれたメンタルタフネス
こそが優美をもたらすのです。

そしてこのメンタルタフネスの
筋肉を鍛えるために

まずは4つの方法、ステージを
理解する必要があります。

スポンサーリンク

エネルギーに満ち溢れたメンタル状態

想像してみて下さい、

「あなたがエネルギーに
満ち溢れているとき」

・・・

フルパワーが発揮されるような、

つまり気分が乗っていて
力がみなぎっている状態
気合が入っているときの事を考えてみると

そのハイ・エネルギーの状態には
二通りある事に気づくはずです。

一つ目は、

あなたは腹を立てていて、
激怒している。

心臓は高鳴り、
何かをけっ飛ばしたり

叩いたりしたいのを
抑えるのに精いっぱいという状態。

顔を紅潮さえ、心臓は高鳴り、
呼吸は浅く早くなっていて、

怒りを抑えるのに精一杯で、
他の事を考えるのが難しい状態。

二つ目は、

あなたはベストの状態にいる。

脈拍は速いけれども、ドキドキして
緊張しているのではなく、

呼吸は深く一定している。

今に自分の行動に集中しているのだが、
周りのすべても把握できている。

自分のベストな状態に近い状態。

・・・

一つ目が、
ハイ・ネガティブと呼ばれるメンタルの状態

二つ目が
ハイ・ポジティブと呼ばれるメンタルの状態

以上、二つのハイ・エネルギー状態が
あることをまずは理解して下さい。

エネルギーが低いメンタル状態

また、エネルギーがない状態
ロー・エネルギーの状態も二つあるのです。

一つ目が、

リラックスしていて、
気楽にしている場合と、

二つ目が、

憂鬱で内向的になっている場合、

・・・

このローエネルギーの両方の状態は共に
あまり何もしていない状態のようですが、

この二つの状態はまるで違うものです。

一方はリラックスしており、
もう一方はリラックスしていないのです。

一つ目が、
ロー・ポジティブと呼ばれるメンタルの状態

二つ目が
ロー・ネガティブと呼ばれるメンタルの状態

…と、二つのロー・エネルギー状態が
あることも理解して下さい。

メンタルタフネスを鍛えるとは?

通常メンタルが弱い人が
メンタルが強いメンタルタフネスを
目指すと言うと

ウツっぽい落ち込んだ状態から、
ハイでポジティブな状態に移行する
事をイメージすると思うのですが

どんな苦境にも負けずに

いつも自信満々で活動的、

ポジティブでハッピーな人・・

を目指すというイメージがありますが、

そうではないのです。

人間のメンタルの状態は、

エネルギーが高い状態でも、
低い状態でも2つの状態がある。

つまり合計4つの心理状態があることを

まずは認識する必要が
あることを覚えておいて下さい。

そしてケースバイケースで

自分のメンタル状態を
4つの場面に切り替える
能力を磨くことこそが

メンタルタフネスを強化し鍛える方法なのです。

この状態をコントロールし
必要な場面で必要な状態に入れる

そういったトレーニングをする
必要があります。

メンタルタフネスを鍛えるトレーニングの本質

例えば

適切に身体を鍛えるとします。

筋力を付けたくて
筋力トレーニングに励むなら、

負荷をかけて筋トレする

・・のは当然大切ですが、

それ以上に休息が肝心です。

また、スピードや柔軟性を
必要とするアスリートが

パワーや筋力を付ければ
かえってパフォーマンスが落ちる
可能性もあります。

フィジカルのタフさを
身に付けるためにも、

適切な方法を
適切なタイミングで

行わなければ行けませんが、

メンタルのタフさも同じです。

メンタルの強化もこうした
バランスが重要です。

ポジティブ思想に偏った人は、
常にポジティブで前向きでいることが
素晴らしいと勘違いしていますが、

例えば、
夜リラックスしているときに

ハイ・ネガティブな
行動的なメンタルでいると
支障がありますし、

逆に緊急事態に、
ロー・ポジティブなメンタルの状態では
問題もあります。

常に状況に合わせて
適切なメンタルな状態を
自ら作り出せることができる能力、

これをメンタルタフネスと呼ぶのです。

そしてその適切な強化トレーニングの手法を
次回以降詳しく解説していきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。