体調不良、頭痛を和らげる深呼吸でリラックスの効果とやり方

部屋を掃除し、片付けることでストレス、体調不良、頭痛も消える
今回のテーマは、

部屋を掃除し、片付けることで
ストレス、体調不良、頭痛も消える

について紹介します。

私たちは普段意識せずに
呼吸をしていますが、

定期的に意識をして深く長く
呼吸をする事が大切です。

体調不良、頭痛を和らげるためにも、
心身の健康を増進させるためにも

ぜひ深呼吸をしてください。

新鮮な空気は生体を健康に保つために不可欠です。

そいう言った意味で呼吸は大切ですし、
呼吸だけで痛みもコントロールできます。

特に深呼吸はリラックス効果が高く、

自律神経のバランスを整える上でも
非常に有効なテクニックなので

体調不良や頭痛解消にも
ぴったりの方法です。

深呼吸をマスターすれば
簡単にリラックス状態に入ることも可能です。

また、細胞内の酸素量が増えると
たくさんの病気を治すことができるといわれます。

たとえば、ガン細胞なども
酸素が豊富な環境では生きられないそうです。

だから、当然体調不良や頭痛の
解消にももちろん有効です。

ほとんどの人は、実は呼吸が浅く、
肺をほとんど使っていません。

呼吸は、新しいものを取り入れ、
古いものを取り出す解毒作用も果たすので、

しっかり深呼吸をしましょう。

スポンサーリンク

頭痛を解消する深呼吸の具体的手順、やり方

具体的な深呼吸のやり方は、

ステップ1.

できるだけ楽な姿勢をとり、
できる人はベットなどに仰向けで寝てください。

そのとき両手をおなかの上に乗せます。

ステップ2.

ゆっくり鼻から息を吸い込んでいきます。

このとき全身の細胞に酸素を与えてあげる
イメージでゆっくり吸ってください。

このときお腹を膨らますのを意識してください。

ステップ3.

そして、しばらく息を止め、
全身に新鮮な空気が回っていくのを感じてください。

ステップ4.

最後に、ゆっくり鼻から吐き出していきます。

ゆっくりできるだけ長く吐き出します。

このとき、体中の毒素を出し切る
イメージで息を吐いてください。

ちなみに中医学では
吐ききった時に気が入ると言います。

そしてお腹がへこますのを意識してください。

ステップ5.

これを、何回かくりかえし、完全にリラックスしてください。

以下のビデオのやり方も参考になります。↓

ヨガ秘伝の呼吸法とは?

次に、オーソドックスな
深呼吸に慣れてきたら、

息を吸う、息を止める、吐き出す、

の時間を意識するようにしてください。

このやり方はヨーガの呼吸法で、
ヴィシャマヴリッティ・プラーナヤーマという呼吸法です。

ヨガの呼吸法の秘伝と言われているものです。

これは、1対4対2の割合で、
吸う、止める、出す、の時間をコントロールする方法です。

たとえば、
吸う 3秒、止める 12秒、吐く 6秒

というような感じです。

これを5セット楽に続けられるようになったら、

吸う 6秒、止める 24秒、吐く 12秒

とういう具合に時間間隔を伸ばしていきます。

深呼吸は、訓練して伸ばしていけばいくほど、
効果が高まっていくものなのです。

体調不良、頭痛を和らげる
深呼吸でリラックスの状態に入る
事も訓練次第で効果を高められます。

呼吸ひとつで心身の様々な
状態を変えられるようにもなるので、

是非、あなたもがんばって
呼吸法をマスターするとよいと思います。

口で呼吸せず、鼻で呼吸する事

単純なことで見逃しがちですが、

日々の呼吸を
口でしてますか?鼻でしてますか?

今日から必ず鼻で呼吸するようにしてください。

鼻は細菌やウィルスを体内に
入れないフィルターの役があります。

鼻呼吸の人と口呼吸の人の
病気の感染率の差はかなりあります。

もしあなたが気づかない間に口で呼吸していたら、
鼻で呼吸するように心がげてください。

こういった些細な事に気をつけるだけで
体調不良、頭痛の起きない健やかな人生も送れます。

体調不良、頭痛を和らげる
深呼吸でリラックスの効果と
やり方を参考にし、

ぜひ実践して下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。