陰性と陽性の転移解釈、転移感情の現象は精神分析の手法の一つ

陰性と陽性の転移解釈、転移感情の現象は精神分析の手法の一つ
今回のテーマは、

陰性と陽性の転移解釈、転移感情の
現象は精神分析の手法の一つ

について紹介します。

これもフロイトが発見したのですが、

クライアントさんが過去のある人物に対して
向けていた感情をセラピストに対して
反復しようとする現象を

転移と言います。

フロイトや、深層心理系のセラピストは、
夢分析によって、クライアントの無意識の願望を
意識にもたらすことが出来ると考えていましたが、

こう言った分析を続けて行くうちに、

クライアントは無意識の欲求を回避する
傾向が強く、

無視とセラピストに対してそれを満たそうとする
と言う事に気がつきます。

スポンサーリンク

例えば、

親に対する依存心が満たされなかった
クライアントさんは、

セラピストを過大評価し、依存しようとします。

こういった現象をフロイトは、

転移神経症

と名付けました。

転移には、陽性と陰性の2種類が
あります。

クライアントがセラピストに
過大な好意を寄せる現象が、
陽性転移、

逆に否定的な感情を向けるのが、
陰性転移です。

基本的には、まず

陽性転移が起こります。

ところが、セラピストになにもかも
理解してもらおうとしていたのが
満たされないと言う事が分かると、

一転して

先生は冷たい、、

など、マイナスの感情を向けるようになります。

セラピストはこのような不合理な感情の
揺れに振り回される事なく、

クライアントが自らの隠れた願望に
気づくようにイニシアティブをもって
洞察に導くのです。

特に重要なのが、

解釈とそれを伝える時期です。

解釈が断定的な形で行われれば
患者の反発を受け、

セラピーの失敗につながりかねません。

通常、クライアントが受け入れられるようになった時期を
慎重に見極め、かつ、必ずしもセラピストの解釈が
正しいとは限らないので、

クライアントに意見を求めるような形で
示されます。

これが転移解釈です。

自我と言うのは不安に対する様々な
防衛機能を持っています。

例えば、

受け入れがたい感情を隠すために
逆の感情を強調する

⇒反動形成

感情を向けるターゲットを
本来のものから別のものに変える

⇒置き換え

そのままでは社会に認められない
感情を受け入れられる活動で実現する

⇒昇華

などです、こう言った様々な自我防衛機能は
フロイトの死後からアメリカで重視されてきました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。