病院でのお産と助産院の特徴の違い、トラブルと安全性とリスク


今回のテーマは、

病院でのお産と助産院の特徴の
違い、トラブルと安全性とリスク

について紹介します。

前回まで病院でのお産のあり方を
じっくりと検討してきました。

こうして見てみると、

一般的に常識化している病院での
お産というのはかなり不適切なやり方で
行われているということが見えてきます。

もちろん色々な意見があり、
考え方がありますから、

何が正解で間違っている、

と判断するのは難しいです。

しかし、私たち現代人は
出産場所に関する選択肢を
実は与えられていません。

「自然に沿ったやり方」

という観点から見れば間違いなく、
病院は通常の自然なお産をする場所
としてはあまり相応しくないようです。

少なくとも、現代の一般的な
病院というのは自然なお産からは
かなりかけ離れた場所と言えます。

こうした、病院での不可解な介入は、

近年では少しずつですが、
我々一般層にも気づかれ知られる
ようにはなってきていますが、

それでも依然として、

圧倒的に多数の妊産婦たちが
病院に身を任せているのです。

ではなぜ病院に身を任せるのでしょうか?

それはやはり病院に任せておけば、

身の安全が保障されると言う
ある種の思い込みがあるからだと思います。

また、病院の中でも規模の
大きい病院になればなるほど、

安全性が高いと思われています。

また、小さな個人病院であれども

大病院ほど安全性はなくても、

助産院よりは遥かに
安全だと考えられています。

そしてその助産院よりもさらに
安全性に問題があるのが自宅…

というのが一般的な考え方です。

しかし、本当にこの順番なのでしょうか?

これからこのテーマでは、

こうした大多数の人が思い込んでいる、

大病院→小病院→助産院→自宅

という安全順位が真実なかどうか
を検討して行きたいと思います。

病院は安全性が高いですか?

ここでいう「病院」というのは、

産科の専門医がいて、さまざまな
医療機器が完備されている施設を指します。

これに対して、

同じくお産の為の施設であっても、

産科医がおらず、助産師さんだけで
営業しているのが助産院です。

つまり病院と助産院の違いは、
産科医がいるかいないかの違いです。

医大を卒業し、手術と投薬による
技術を学んだお医者さんがいるのが、
「病院」と言う事です。

病院にも助産師さんはいますが、
病院のお産と助産院のお産は
全く異なったものです。

病院は医療行為を
無制限に実施することに対し、

助産院では助産師の行える
医療行為は著しく限定されています。

それで結果としては、

病院では陣痛促進剤など薬物の投与や
帝王切開など手術が常套的に行われ、

助産院では遥かに自然に近い
お産が行われるようになります。

こうした医療技術を駆使する病院と、

医療的な手立てをあまり行わない
助産院とでは、

どちらが母子にとって安全なのでしょうか?

常識的に考えれば、

病院のほうに軍配が上がるでしょう。

多数決で行けば病院のほうが
安全性が高いと判断されるでしょう。

何かトラブルが生じた時に、

即座に医学的な措置がとれるからです。

…しかし、です。

真剣に調べて調べるほど、
よくよく考えれば考えるほど、

こうした常識は現実にそぐわない
ということも分かってきます。

お産は医療行為ではなく
生理現象だからです。

病院と助産院の対応の違い

例えば、

陣痛が始まって破水し入院した所
陣痛が弱くなってしまった。。

というトラブルが起きたとします。

こうした事態に置ける、

病院と助産院の典型的な対応と経過の
特徴を比較してみましょう。

<病院の対処の流れの特徴>

陣痛微弱

(陣痛異常)

陣痛促進剤投与

過強陣痛

(胎児仮死)

帝王切開

産科医では陣痛の弱まりという事態を

「陣痛異常」(続発微弱陣痛)

として捉えます。

つまり「問題」と捉えるのです。

まさに「異常事態」ということで、

分娩の遅滞や細菌への感染を恐れ、

また一人の分娩に時間をとらわれ
過ぎる事を懸念して、

対応策として陣痛促進剤を投与します。

促進剤による陣痛というのは、
以前も紹介したように、

適量であったも必ずどこかに
無理がかかるものです。

現代医療の薬剤には全て
副作用があるからです。

それで例えば、

胎児心拍に異常が生じたりします。

すると、これは「胎児仮死」
だということで、

急遽、帝王切開を行うことになります。

このようにして、ちょっとした
陣痛の弱まりが帝王切開へと
繋がって行くのです。

そして最悪の場合は、死産や
子宮破裂にも繋がりかねません。

見方が変われば状況が変わる

では一方で、助産院なら
どういった対応をするでしょう。

<助産院の対処の流れの特徴>

陣痛微弱

陣痛休息期

待機

陣痛開始

自然分娩

開業助産師さんは、陣痛の弱まりを
ありふれた通常の現象として捉えます。

人体にはリズムがあり、
全て個人差がありますから、

待つことが一番の対処法だということも
ある程度承知しています。

つまり、「問題」ではなく
「自然現象」と捉えるのです。

それゆえ、当分の間、
そのまま様子を見るでしょう。

するとそのうちに、休息期が終わり、
陣痛は再開されるはずです。

健康な母体であれば、多少
陣痛のリズムが乱れても問題ありません。

分娩は問題なく遂行されます。

もちろんこれはあくまで
典型的なケースであって

いつもこうだとは限りません。

しかしこのような過程を経て、

同じ陣痛微弱という現象から、

いっぽうは帝王切開や死産へ、
他方は自然分娩へと繋がって行く、

こうしたパターンは明らかに存在するのです。

ほんの少しの考え方の違いで
全ての結果は変わってくるのです。

何度も言うように同じ現象なのに
見方が変わるだけで結果が変わるのです。

天使と悪魔は元々同一という話もあります。

何を選ぶか選択肢は私たち
個人にあるにもかかわらず、

常識、大多数の意見に流される
これも人間の特徴の一つです。

全ては自己責任です

病院では、確かに

「トラブルが生じた時に即座に
医学的な措置がとれる」

というわけですが、

イコール「安全」になるでしょうか?

ところがまさにその「医学的な措置」
こそが、事態をますます悪化させる
リスクとなってしまいがちなのです。

そもそも、トラブルの発生する確率
そのものが病院では大変高くなります。

病院の環境自体が緊張とストレスを高めます。

これまで紹介してきたように、
さまざまな手順がそれに追い打ちをかけ、

感染の危険をも高めます。

分娩台は母子に余計な負担をかけます。
いずれも分娩の自然な流れを阻み、

ひずませ、さまざまなトラブルや
リスクの原因を作ってしまうのです。

確かに、病院はトラブルの対応に
関する技術や環境は整っています。

しかし、そもそも…

トラブルの発生率自体が
大変に高いとすれば、

既にそれだけで病院という場所は
あまり安全性の高い場所ではないと
言えるのではないでしょうか。

そのうえ、さらにトラブルへの
対処法が更なるトラブルを誘発
するのです。

木を見て森を見ず、本末転倒、

何か本質を見失っている気がします。

もちろんここはハッキリと
言っておかなければならないのですが、

即座に帝王切開しなければ
仮死状態の胎児を救えない、

と言った窮地の事態が会った場合、

病院でなければ胎児が救われる
可能性はないでしょう。

緊急手術を行える唯一無二の場所は
病院だからです。

確かに、この部分は病院出産における
最大のメリットと言えます。

しかし、、です。

けれどもそう言うことがあるからと言っても

やはり病院のほうが安全性が高い
という事にはならないのです。

何度も言うように、全ては
あなたの責任の選択次第ですが、

まずは色々な概念を勉強して認識してください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。