unnamed

頭痛回避のため起床から就寝まで避けるべき食材や環境、強い刺激


今回のテーマは、

頭痛回避のため起床から就寝まで
避けるべき食材や環境、強い刺激

について紹介します。

今回紹介する食べ物や環境は頭痛の要因になると
言われているのでなるべく遠ざけてください。

頭痛は特別な症状でなく、
日常生活中になにかしらの
原因が引き金となって起こります。

こうした頭痛のリスクが起きる
要因を知っておき、避けることができれば、

「今日は頭痛が起きるんじゃ…」

といった心配も減りますし、
生活を工夫して避ける事もできます。

起床から就寝まで
日常生活に置いて頭痛のリスクを
減らすための解説をして行きます。

きつすぎる刺激を避けよう

特に現代社会は
五感を強烈に刺激する環境に溢れています。

・光がまぶしすぎる環境
・騒音がうるさすぎる環境
・空気が悪すぎる環境
・においがきつすぎる環境

以前ストレスの解説でもしましたが、

刺激に対応できる範囲であれば
人体に問題はないのですが、

きつ過ぎる刺激は徐々にでも
人体を悪い方へと導いていきます。

特に、偏頭痛の場合、
こういった刺激には敏感になるでしょうから、

できるだけ静かで穏やかな環境に身を置く事も
とても大切な事になってくるのです。

「論語」にある孔子の言葉で

「過ぎたるはなお及ばざるが如し」

と言う言葉があります。

これはなにごとも
やり過ぎ使いすぎは良くないと言う事です。

個人的には夜中のコンビニなど
光が強すぎて気分が悪くなります。

都会の喧騒の中では
刺激がきつすぎる場合が多々ありますので、

それらの環境をなるべく避けるべく
是非工夫して見て下さい。

起床から就寝までできるだけ
マイルドな環境で過ごす事が大切です。

頭痛の時に避けるべき食べ物

また、食べ物でも

・チョコレート
・ワイン
・ハム・ソーセージ
・チーズ

なんかは頭痛の要因になるとされています。

こういった食べ物が大好物なら
無理して止める必要はないと思いますが、
できるだけ食べる量は減らしてみてください。

ただ、私の経験上、
これらを食べると頭痛がするという人は
ほとんどいないと思います。

これらの食品が悪いと言いだしたのは
欧米の医師なので、

日本とは食文化が違うという気もします。

もちろん食べ過ぎは
よくないのですが、

問題は食材よりも、
食べる量であったり、

むしろ白色剤や防腐剤など
添加物や化学物質にあるでしょう。

或いは無添加の質の良いものに
絞って食べるように工夫すると良いでしょう。

むしろ食生活で気を付けるべきなのは、

白いものを避ける=健康

頭痛に危険な食材がある
と考えるよりもむしろ

食事法、栄養摂取については
他のページでも詳しく説明してますが

食べ過ぎや血糖値の急激な上昇など
栄養バランスの乱れが大きな原因でしょう。

ここで自然療法の世界でよく言われる
健康のために避けるべきものという話で、

簡単に言うと

「白いもの」

をなるべく避けてください。

たとえばオムツって真っ白ですよね。

なぜか白はイメージが良くて、
清潔な印象を人に与えます。

だからオムツなどは人工的に
化学物質で真っ白にしているんです。

あの真っ白という白さは
自然界に存在しない色らしくて、

大量の化学物質によって実は
赤ちゃんのオムツは肌に良くないという報告もあります。

同じように食べるもの

精製された砂糖、小麦粉、白米、牛乳

などはあまり身体によくありません。

これらも科学的に手を加えて真っ白にしています。

その結果、栄養が破壊されたり、
健康に悪影響を与えます。

なるべく

甘味は、砂糖でなくはちみつや黒糖

白い食パンを全粒粉のパンに変えたり

白米を玄米に変えたり

牛乳は豆乳に変えてください。

色の少しでも付いたようなものを
食べる方が栄養もあり、身体には良いものです。

最後に白いものと言えば、

医者(白衣)

もなるべく近づかないほうが
健康でいられるということです。

健康への道はシンプルです。

できるだけ

良いものを取り入れ
悪いものを排除する

これだけなのです。

シンプルなことの積み重ねが
心の健康体を作り上げます。

起床から就寝までの
習慣を見直してみてください。

そして、頭痛回避のために
避けるべきものとして

極端な食べ物や環境、
そして白いものにはぜひ注意して下さい。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。